アシュトン・カッチャー、スティーブ・ジョブズのダイエットで病院に搬送される

最新ニュース

アシュトン・カッチャー-(C) Getty Images
  • アシュトン・カッチャー-(C) Getty Images
  • アシュトン・カッチャー
  • 『スティーブ・ジョブズ』 (C) Glen Wilson copyright The Jobs Film LLC Director Joshua Michael Stern.
  • アシュトン・カッチャー-(C) Getty Images
  • 『スティーブ・ジョブズ』 (C)2013 The Jobs Film,LLC.
  • 『スティーブ・ジョブズ』 (C)2013 The Jobs Film,LLC.
アシュトン・カッチャーはスティーブ・ジョブズの食生活をマネたために倒れてしまったそうだ。現在35歳のアシュトンは、新作伝記映画『スティーブ・ジョブズ』での役作りのため、自身が演じるアップル設立者のジョブズが実行していた1922年刊行のアーノルド・エレット著作「ミューカスレス・ダイエット・ヒーリング・システム」にのっとった果物を中心としたダイエットを実行したところ、激しい膵臓の痛みに襲われ病院に搬送されたという。

アシュトンは「(ジョブズが)大好きだったものを食べ始めた」ところ、2011年10月に膵臓がんのため他界したジョブズが「間違った」方法を実践していたことに気付かされたようだ。「Mail Online」によれば、アシュトンは記者たちに「(あの本は)ブドウ糖の価値について書かれていて、それが恐らく人間の体内に得られる唯一の純粋な糖分だろうとされていたんだ」「たぶんあの本を書いた人はかなり間違った情報を伝えられていたと思うよ。僕のインスリン濃度はめちゃくちゃになって、膵臓が何だかおかしくなっちゃったんだ。そのレベルは半端じゃなくて、痛みも伴ったんだよ。何が悪いのか分からなかったね」と話したという。

そんな中、米シットコム「ハーパー☆ボーイズ」で主役を務めるアシュトンは、ジョブズが従業員たちに対してなぜ「率直」に見えたのかが理解できるとして、そのジョブズのリーダーシップの取り方を擁護している。「スティーブ・ジョブズのアプローチの仕方が率直で不親切に見えることがあったのは事実さ。でもそれって彼が作り出した素晴らしい商品を作り上げる率直な優れた判断力と同じようなものだったんだよ」とアシュトンは説明している。

現在、米TVドラマ「ザット'70sショー」で共演したミラ・クニスと交際中のアシュトンは、ジョブズのお気に入りの音楽を聴いたり、同じ靴を履いたりすることで役作りをしているそうだ。「彼は誰かとミーティングがしたいと思うと、散歩に出かけたもんなんだ。だから僕も毎日、靴を履かずにビルケンシュトックのサンダルを履いて1時間散歩に行くことを始めたんだよ」とアシュトンは笑いながら説明した。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top