渡辺謙・主演『許されざる者』、"オスカー前哨戦"トロント国際映画祭に出品決定!

最新ニュース

渡辺謙&柄本明&柳楽優弥/『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 渡辺謙&柄本明&柳楽優弥/『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 渡辺謙&佐藤浩市&柄本明/『許されざる者』完成披露記者会見
  • 『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
  • 『許されざる者』 -(C) 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
渡辺謙主演のクリント・イーストウッド監督・主演での名作をリメイクした映画『許されざる者』が、第70回ヴェネチア国際映画祭への出品に続き、9月5日(現地時間)よりカナダで開催される第38回トロント国際映画祭の「特別上映部門」に正式出品されることが決定した。

トロント国際映画祭は、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンと共に世界四大映画祭の一つとして数えられ、北米最大かつ最多プレミア上映本数を誇るノン・コンペティションの映画祭。映画祭が審査員を選んでの賞の授与はないものの、近年、最高賞となる「観客賞」を受賞した作品には、『プレシャス』('10)『英国王のスピーチ』('11)『世界にひとつのプレイブック』('12)などアカデミー賞「作品賞受賞」ノミネート作が並ぶことから、“オスカーの前哨戦”とも言われている特別な映画祭だ。

本作は、1992年の米アカデミー賞で「作品賞」など4部門を制覇したイーストウッドの映画史に残る傑作の日本版リメイクであることや、ハリウッドでも活躍する渡辺謙の主演作ということで、映画祭側からの熱烈なオファーを受けて出品が決定した。「観客賞」受賞の名誉に輝けば、2003年の北野武監督作『座頭市』以来の快挙となる。授賞式は9月15日(現地時間)に行われる予定になっている。

内容は、名匠クリント・イーストウッドの同名西部劇を、『フラガール』('06)、『悪人』('10)の李相日監督が日本を舞台にリメイクした時代劇。オリジナル版でイーストウッドが演じた役を渡辺が、相棒を演じたモーガン・フリーマンの役を柄本明、敵方ジーン・ハックマンの役を佐藤浩市という日本映画界きっての実力派が務める。

日本版となる本作のストーリーは、明治初期の北海道を舞台に、二度と刀を持たないと決めた江戸幕府の残党が、再び賞金稼ぎとして戦いに身を投じる姿を描く。

イーストウッドは、日本で8月1日に行われた同作の完成試写会に「激しくも美しい魂が詰まっているこの作品に日本映画の新たな時代の幕開けを感じた」とメッセージ寄せている。2006年の監督作『硫黄島からの手紙』に主演した渡辺さんについても「素晴らしい演技を見せてくれた」と太鼓判を押す。その言葉に、渡辺さんは「クリントの心に届いたとは、本当に頑張った甲斐があった」としみじみと語っていた。

『許されざる者』は、9月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top