染谷将太×園子温『ヒミズ』タッグ再び ヴェネチア映画祭70周年祝う

最新ニュース

染谷将太『私の未来は映画の未来、映画の未来は私の未来』/「Venezia 70 - Future Reloaded」-(C) 2013 GAGA Corporation
  • 染谷将太『私の未来は映画の未来、映画の未来は私の未来』/「Venezia 70 - Future Reloaded」-(C) 2013 GAGA Corporation
  • 『ヒミズ』ヒット祈願イベント
  • 『ヒミズ』公開初日舞台挨拶にて
  • 『ヒミズ』公開初日舞台挨拶にて
  • 『ヒミズ』第68回ヴェネチア国際映画祭での記者会見
  • 『ヒミズ』ヒット祈願イベント
  • 『ヒミズ』公開初日舞台挨拶にて
  • 『ヒミズ』公開初日舞台挨拶にて
今年で70周年を迎える、ヴェネチア国際映画祭の記念企画「Venezia 70 - Future Reloaded(ヴェネチア70-フューチャー・リローデッド)」に、日本から園子温監督の参加が決定。さらに、主演には染谷将太が抜擢されたことが明らかとなった。

本プロジェクトは、世界の70人の映画監督が「映画の未来」というテーマのもと製作した60~90秒の短編を、映画祭期間中に一挙上映する試みだ。既に、ベルナルド・ベルトルッチ(イタリア/本年度本映画祭審査員長)、ポール・シュレーダー(アメリカ)、アッバス・キアロスタミ(イラン)、ウォルター・サレス(ブラジル)、アトム・エゴヤン(カナダ)、アモス・ギタイ(イスラエル)、さらにアジアからもピーター・チャン(香港)、ホン・サンス(韓国)、ジャ・ジャンクー(中国)、キム・ギドク(韓国)ら世界の名立たる監督の参加が発表されている。

この錚々たるメンツに、園監督は「ヴェネチアにはたくさんの思い出が刻まれています。それは私の宝物です。このプロジェクトに参加できた事を光栄に思います」とその喜びを語っている。

今回、園監督が制作する短編のタイトルは「私の未来は映画の未来、映画の未来は私の未来」。主演に抜擢された染谷さんは、園監督の『ヒミズ』で第68回ヴェネチア国際映画祭で「マルチェロ・マストロヤンニ賞」(新人俳優賞)を受賞と縁深い。

本作は映画祭期間中の8月28日に上映され、翌29日より映画祭の公式サイト上でストリーミング上映される予定だ。

-(C) 2013 GAGA Corporation
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top