モデルガールズ扮する美脚殺し屋たちが悪を成敗 ドラマ『殺しの女王蜂』

最新ニュース


 テレビ東京金曜深夜のドラマ24枠で、2013年10月から『殺しの女王蜂』がスタートすることがわかった。芸能事務所・オスカープロモーションに所属する6000人のモデルから選りすぐられた8人からなる“平均身長175cm、平均股下84cm”という抜群のプロポーションのガールズユニット・モデルガールズが地上波ドラマ初出演にして初主演を務め、凶悪な犯罪が多発する無法地帯を舞台に、セクシーな美脚殺し屋たちが悪を成敗していくという一話完結型オリジナルストーリーを繰り広げる。

 今回、主演に抜擢されたモデルガールズたちは「初の連続ドラマ出演、しかも、主役ということで皆で手を取り喜びました。今最も熱いと評判のドラマ24なので、さらに期待が高まっています」と喜びのコメント、「モデルガールズといえば、やっぱり美脚。アクションにも初めて挑戦させていただくので、8×2=16本の“美脚アクション”に是非注目してほしいです。衣装が露出高めなところも要注目です。役どころは殺し屋ですが、それぞれに抱えているドラマがあり、回を追うごとにそのヴェールがはがれていきます。一体どんな過去を背負って現在を生き、未来へ進むのか。ストーリーもとっても面白いものに仕上がっていますのでお楽しみに。カッコイイ&セクシーを、男性にも女性にも注目してほしいです!」とドラマの見どころを語っている。また、同ドラマの濱谷晃一プロデューサーも「衣装、ストーリー、アクション全てにおいてモデルガールズの美しい脚を堪能できる、モデルガールズにしかできないドラマになっています。毎回ゲストで登場する犯人も美脚フェチや美乳フェチ…など、とってもフェティッシュで猟奇的な犯罪者ばかり。そんな女の敵を女殺し屋が倒す痛快な美脚活劇を楽しんでもらいたいです」と意気込むように、それぞれが個性的でセクシーなミニスカコスチュームで挑む痛快なアクションは必見だ。10月からスタートする美脚活劇をお楽しみに!

ドラマ24『殺しの女王蜂』あらすじ
日本のどこかに存在し、凶悪な犯罪が多発する無法地帯、通称「混沌街(カーオスタウン)」。警察すら見放したこの街に、犯罪者をも恐れさせる美脚の女殺し屋たちが存在した…その名も「アシナガ」(モデルガールズ)。「キャバレー・アシナガバチ」は、表向きは美脚の踊り子たちが集う酒場だが、裏の顔は悪への復讐を望む者がアシナガに殺しを依頼する場所。強い結束力があるわけでもなければ、依頼人に感情移入するわけでもない。金さえ積まれればどんな相手でも、自慢の美脚でクール&セクシーに、そして必ず仕留めるのだ…。キャバレーの経営者・タンソクや、娼婦・トンソクをはじめとする個性的なキャラクターとともに、今日もアシナガは凶悪な犯罪者たちを成敗する―――。

■ドラマ24『殺しの女王蜂』
2013年10月4日24時12分からスタート(テレビ東京系)

【監督】豊島圭介、濱谷晃一、岡田寧、伊藤大輔
【脚本】根本ノンジ、横幕智裕
【出演】モデルガールズ ほか


モデルガールズ扮するセクシーな美脚殺し屋たちが悪を成敗!ドラマ『殺しの女王蜂』が10月スタート

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top