カーラ・デルヴィーニュ、ウィル・ハードとアコースティックでデュエット

最新ニュース

カーラ・デルヴィーニュ-(C) Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ-(C) Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ
  • カーラ・デルヴィーニュ-(C) Getty Images
カーラ・デルヴィーニュとウィル・ハードが、クランカラッセルの新曲「ソネッタンス(サン・ドント・シャイン)」のアコースティック・バージョンでデュエットを果たした。ウィルもフィーチャリングとして参加したクランカラッセルの同ニューシングルは現在、iTunesのシングルチャートで3位を記録しているが、ウィルが独自の歌詞とボーカルを提供する以前は、インストルメンタルのヒット曲として欧州を中心に人気を集めていた。

ウィルは先週16日(現地時間)にロンドンのスタジオで同曲のアコースティック版を収録するために友人のカーラを参加させたようだ。ウィルは「お互いに14歳か15歳くらいの頃からカーラのことは知ってるんだ。共通の友人を通じて友達になったんだよ」「彼女のヴォーカルは抑制されていて、とってもユニークな歌い方をするんだ。普段の彼女からは全く予想外の声だよ。それに彼女はギターもかなり得意で、ジャム・セッションの相手としては面白くて最適だね」と話している。


そんなウィルはトレヴァー・ホーン率いるレーベル「パーフェクト・ソング」と所属契約を結んでいて、これまでビリー・マン、ジャスティン・パーカー、ベイビー・ダディ、フューチャー・カットらとのコラボを重ねてきている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top