「シャネル」初のエピジェネティクスに着目したエイジングケアシリーズが新発売

最新ニュース

(C) CHANEL
  • (C) CHANEL
  • (C) CHANEL
ここ10年あまり目覚ましい発展を遂げている最先端の生物学研究分野、エピジェネティクス。DNAの周辺環境やその仕組みを研究するこの分野に、化粧品業界で初めて着目した、「シャネル(CHANEL)」の新しいエイジングケア シリーズ LE LIFTが、8月23日(金)に発売となる。

肌にハリと弾力を与えて引き締める次世代クリームを女性ひとりひとりの感性で選べる3つのテクスチャーで用意した。

今回登場するエモリエント クリームは、「シャネル」がエピジェネティクス研究の結果特定した、エイジングに深く関わる3つのマイクロRNAをターゲットとし、エデュリスという植物から抽出した、シャネル独自のエイジングケア有用成分を配合した。

エイジングケア効果だけでなく、このクリームを使うことで幸福感や感動を得られなければ意味がないと考える「シャネル」は、つけた瞬間の心地よさにもこだわり、エアリーな感触の「LE L クレーム フィン」、とろけるようにクリーミーな「LE L クレーム」、リッチでヴェルヴェッドのように肌をつつみこむ「LE L クレーム リッシュ」の3タイプ(各16,590円)を用意。さらにクリームと併せ使いすることで、すっきり引き締まった肌へ導くマッサージツール「アクセソワール ドゥ マッサージュ」(4,725円)も数量限定で発売となる。

「シャネル」は、新しいスキンケア キャンペーンとして、「WHERE BEAUTY BEGINS シャネル― 美しさは、ここからはじまる。」というメッセージとともに、新たにスキンケアのイメージ キャラクターとなったダイアン・クルーガーが主演するCFをオンエアと同時に公式Webサイト上でも公開している。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top