LiLiCoが砂かけばばあ役でドラマ初主演!「水木しげるのゲゲゲの怪談」

最新ニュース


 水木しげる原作の妖怪物語を、昭和の世界観で映像化したドラマ『水木しげるのゲゲゲの怪談』をフジテレビが8月31日(土)15時から放送。映画コメンテーターでタレントのLiLiCoが、砂かけばばあ役でドラマ初主演することがわかった。

 今回の『ゲゲゲの怪談』は、全4編から成るオムニバスドドラマで構成されており、『砂かけばばあ』、『不死鳥を飼う男』、『妖怪枕返し』、『永仁の壺』といった水木しげるの代表的な作品を映像化。

 『砂かけばばあ』では、林遣都とLiLiCoがW主演。昭和の大スターを彷彿(ほうふつ)とさせる俳優・山谷の顔は以前ブサイクだったのだが、ある日砂かけばばあに会いに行き、絶世の美男子として生まれ変わる。ところが、見返りとしてある約束をさせられており……という物語が展開される。

 “美男子”山谷を演じる林は、“ゲゲゲ”のオファーが来たときに「ついに妖怪役をやる時が来たかと、どんな妖怪だろうと期待しながら脚本を読み、妖怪役じゃなかったので少し残念」と述懐しつつ、「派手に楽しむしかないと撮影中ずっと、しつこいぐらいにスターを気取っていた」と撮影を振り返った。また、「ブサイクが絶世の美青年に生まれ変わり、自分を完ぺきだととらえている人の気持ちをふんだんに出し切ってやろうと思いました」と役に込めた思いを語っている。そして、反対に“ブサイク”山谷を演じるのはお笑いコンビ、キングオブコメディの今野浩喜。林とのギャップに注目だ。

 さらには、本格的なドラマ出演が初めてというLiLiCoが”砂かけばばあ”を”怪”演。「私は女優には向いていない」と言うLiLiCoだが、「今回演じる役が“砂かけばばあ”と聞かされて、大爆笑。その瞬間に“やりたい!”って思いました」と快諾。日本育ちではないため本人には余り馴染みがなかったとのことだが、すぐにネットで検索。「”砂かけばばあ”は私にとってピッタリの役で、脚本を読んだときには“これは私の話!?”って思ったほどでした。ぜひシリーズ化したいです(笑)」と意気込みを語っている。夢にも出てくるほどの強烈なインパクトを残すLiLiCoの演技を楽しみにしていただきたい。

 また、『不死鳥を飼う男』では、ピースの又吉直樹がドラマ初主演で、全く売れないミステリー作家、落葉という男を演じる。長い間、水木しげる作品に出たいと意気込んでいた佐野史郎も出演し、“謎の男”のミステリアスに演じる。『妖怪枕返し』では、争いごとが嫌いで全く欲のない会社員・山田を濱田岳が演じる。自分が勤める会社の社長令嬢・麗華(トリンドル玲奈)と付き合っている山田が、会社での派閥争いに巻き込まれ、妖怪枕返しが現れて山田の人生が変わっていく。そして、『永仁の壺』は、愛息の余命が短いと医師に宣告された母親・倉科カナが、別居中の夫・山本裕典から、病が治る生命の水が湧き出る壺“永仁の壺”があるという言い伝えを聞き、壺を見つける旅に出るといった物語が展開される。

 4編のオムニバスをつなぐナビゲーター役として、ゲゲゲワールドではおなじみの猫娘と目玉のおやじも登場し、各作品の合間合間でほっこりした一時を提供してくれる。大人も子供も楽しめる『水木しげるのゲゲゲの怪談』に注目だ。

■『水木しげるのゲゲゲの怪談』
2013年8月31日(土)15時00分~(フジテレビ・関東ローカル)


LiLiCoが砂かけばばあ役でドラマ初主演!『水木しげるのゲゲゲの怪談』は8月31日放送!

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top