エド・シーラン、テイラー・スウィフトのイギリス人並みのユーモアに感服

最新ニュース

テイラー・スウィフト&エド・シーラン-(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト&エド・シーラン-(C) Getty Images
  • エド・シーラン
  • テイラー・スウィフト&エド・シーラン-(C) Getty Images
エド・シーランは、テイラー・スウィフトのユーモアのセンスに感服しているそうだ。イギリス出身のエドは、テイラーがアメリカ人にも関わらずドライでウィットのきいたイギリス特有のユーモアを含んだジョークを飛ばすと「E! News」に話している。「テイラーは、僕がこれまで出会ってきたアメリカ人の誰よりもイギリス人みたいなユーモアのセンスを持ってるね」。

またエドは、テイラーがイギリス発コメディドラマ「The Office」に出演している英コメディアンのリッキー・ジャーヴェィスを思い起こさせるとも続けた。同ドラマは後にスティーヴ・カレルを主演に迎えた米バージョンが放送された際、ジョークもアメリカ向けに変えられていた。「テイラーはとにかくドライなんだ。すごくドライなユーモアのセンスを持ってるんだよ。でもアメリカ人って普通はドタバタ系の喜劇を好むものだろ。なのにテイラーはイギリス人みたいなのさ。まるで『The Office』みたいだね。それもスティーヴ・カレルのアメリカ版じゃなくて、イギリスのリッキー・ジャーヴェィスのオリジナルの方のね」。

今年に入ってエドと共に全米ツアーを周っているテイラーは、エドからイギリス人の考え方の影響を受けたようだが、それ以前にもイギリス発の人気ボーイズバンド、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズとも交際歴があり、イギリス人との関わりは深い。

アメリカでも人気急上昇のエドは、「とっても楽しいよ。今年はとってもクールな年だね。アメリカで9か月過ごしてきたし、とにかく楽しいよ」と満足げに続けた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top