『カノ嘘』大原櫻子、“鳥肌モノ”の歌唱を披露!

最新ニュース

大原櫻子/「MUSH&Co.」小枝理子
  • 大原櫻子/「MUSH&Co.」小枝理子
  • 「MUSH&Co.」
  • 「MUSH&Co.」
  • 吉沢亮/「MUSH&Co.」君嶋祐一
  • 森永悠希/「MUSH&Co.」山崎蒼太
  • 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 -(C) 2013「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会
  • 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』キャストに抜擢された佐藤健&大原櫻子
  • 「CRUDE PLAY」(上段左から大野薫役・水田航生&篠原心也役・窪田正孝&矢崎哲平役・浅香航大&坂口瞬役・三浦翔平)/『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 -(C) 2013「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会
映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で、劇中に登場する3人組バンド「MUSH&Co.」のメンバーに扮する大原櫻子、吉沢亮、森永悠希による一般お披露目ライブが、8月26日、お台場合衆国内ステージで開催され、5,000人もの中から選ばれたシンデレラ・ガール、大原さんの歌声が初披露された。

巨大モニターに『カノジョは嘘を愛しすぎてる』予告が映し出されると、会場のテンションは一気に上昇。ステージに3人が登場すると、集まった500人のファンから歓声が上がり、ボーカル&ギターの大原さんの「こんにちは!」という呼びかけに続いて、リーダーでギター担当の吉沢さんが「朝早くからこんなにもたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございます! 僕たち3人が、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』から飛び出した、『MUSH&Co.』です」と挨拶した。

本作で彼らが演じるのは、ある日突然、声をかけられた、大人気バンド「CRUDE PLAY」の元メンバーでサウンドクリエイターの小笠原秋(佐藤健)に一目惚れをし、彼の正体を知らないまま恋に落ちる小枝理子(大原さん)と、その同級生の君嶋祐一(吉岡さん)、山崎蒼太(森永さん)。やがて彼らは、音楽プロデューサーの高樹総一郎(反町隆史)に見出され、バンド「MUSH&Co.」としてメジャーデビューすることになる。

映画の撮影以外で、しかも観客の前でパフォーマンスするのは初めて、という彼らは、まず映画の中で「MUSH&Co.」のメジャーデビューのきっかけとなる「うたうたいのうた」を披露。続くメンバーの紹介のMCでは、森永さんの「わたくし、一生ドラムをやりつづけます!」との発言に、会場から大きな拍手が起こった。

大原さんが「残念ですが、次の曲で最後になります!」と言うと、会場から「えー!?」という残念そうな声が。それを受けて、吉田さんが「僕たち持ち歌が2曲しかないので…(会場笑)。(音楽プロデューサーの)亀田さん見ていますか? これからもよろしくお願いします!(笑)」と笑いを誘い、「MUSH&Co.」のデビュー曲「明日も」が披露された。

しかし、観客の興奮は収まらず、急きょ予定にはなかったアンコールを実施することに。劇中で三浦翔平らが扮する「CRUDE PLAY」の楽曲「卒業」を、なんと大原さんがアカペラで熱唱することになった。

華奢な大原さんの体から発せられる圧倒的な歌唱力に引き寄せられるように、合衆国に遊びに来ていたほかの観客も集まり、最終的に観客は約700人に。早朝5時から会場で待つファンもおり、期待の高さが伺えた。ファンからは「櫻子ちゃんの歌声に鳥肌が立ちました!」という声も聞かれたほどだ。

初お披露目ライブを無事に終えた大原さんは、「心臓バクバクで緊張しましたが、お客さんが温かく迎えてくださって楽しくできました」と、感謝を口にすると、吉沢さんは「3人でLINEを使用して今日のために話し合い、コミュニケーションを取って仲の良さが出るライブができればと思って練習してきました」と、本格的な音楽への挑戦をチームワークで乗り切ったことを明かした。森永さんは、「僕でも胸キュンする映画になっています! 女性はもっと胸キュンできると思います!」と、女性に向けてアピール。

一般のファンを前にした初演奏に興奮気味の3人だが、終始、笑顔の絶えないお披露目ライブは約20分という短い時間ながら、劇中さながらの強烈なインパクトを残した。「MUSH&Co.」をスクリーンで目にする日がますます待ちきれなくなりそうだ。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は12月14日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top