『R100』松本監督&大森南朋&渡部篤郎が、トロントへいざ出陣!

最新ニュース

『R100』 -(C) 吉本興業株式会社
  • 『R100』 -(C) 吉本興業株式会社
  • 松本人志監督/『R100』制作発表会(2013年5月13日)
  • 主演・大森南朋/松本人志最新作『R100』 -(C) 吉本興業株式会社
  • 『R100』 -(C) 吉本興業株式会社
  • 『R100』女優陣 (C) 吉本興業株式会社
  • 松本人志監督&大森南朋&大地真央&寺島しのぶ&片桐はいり&冨永愛&渡辺直美&前田吟&松尾スズキ&渡部篤郎/『R100』会見
松本人志監督の最新作『R100』の北米プレミアとなる第38回トロント国際映画祭「ミッドナイト・マッドネス部門」での正式上映に合わせ、松本監督を始め主演の大森南朋、共演の渡部篤郎がトロント入りし、レッドカーペット、舞台挨拶に参加することが決定。さらに、10月に開催される第18回釜山国際映画祭でも正式上映されることが明らかとなった。

大森さん演じる主人公・片山に“M”疑惑がかかったり(?)、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美が“ドS級”のボンテージ姿を披露したりと、松本監督ならではの独創的な“未体験”ワールドが期待されている本作。

9月5日(現地時間)より始まるトロント国際映画祭に続き、アジア最大級の映画祭、釜山国際映画祭(期間:10月3日~12日)においても、熱烈なオファーを受けたという。

本作が出品されるのは、才能豊かなアジアの映画監督たちの最新作や2013年の代表作を紹介する同映画祭の「アジア映画の窓」部門。松本監督作品としては、『大日本人』『しんぼる』『さや侍』に続き、4作品連続で出品される快挙だ。

さらに、本作は“オスカー賞レースの前哨戦”とも称されるトロント国際映画祭において、長らくプログラミング・ディレクターを務めてきたコリン・ゲデス氏をして「ワイルドで最高に愉快なファンタジー」と言わしめている。

今回の参加に際し、大森さんは「トロントの方々が、『R100』をご覧になってどのような反応をされるのか楽しみにしております」とコメント。

また、渡部さんも「松本監督と大森さんと3人で参加できることを嬉しく感じております。さらにパワーアップした一大エンターテイメント作品になっているので、観客の皆様に楽しんでもらえると思います」と現地での反応に期待を寄せた。

トロント国際映画祭の『R100』北米プレミアは、9月12日(現地時間)に上映、同時間帯に行われるレッドカーペットと舞台挨拶には3人が揃って参加する予定だ。

『R100』は10月5日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top