マット・デイモン、監督デビュー C・ノーラン監督新作にも出演決定

最新ニュース

マット・デイモン-(C) Getty Images
  • マット・デイモン-(C) Getty Images
  • マット・デイモン-(C) Getty Images
  • マット・デイモン-(C) Getty Images
マット・デイモンが、ついに映画監督デビューを果たすことが決まった。親友のベン・アフレックの監督作『アルゴ』を手がけ、アカデミー賞脚色賞を受賞したクリス・テリオが脚本で参加する。

タイトルは『A Foreinger』(原題)で、「The New Yorker」誌に2008年に掲載された記事を脚色したもの。グアテマラで射殺された男性が、自分の死には大統領や彼の妻、そのほかにも協力者がいたことを示唆するビデオテープを生前に残していた、という内容。

以前から、親友のベンと同じく監督業への意欲を見せていたマット。昨年、ジョン・クラジンスキーと共に脚本を手がけた『Promist Land』(原題)でメガホンをとる予定だったが、『エリジウム』の再撮影とスケジュールが重なり、断念。同作の監督はガス・ヴァン・サントが務め、マットは脚本のほかに主演と製作に回った。

俳優としても相変わらずの売れっ子で、クリストファー・ノーラン監督の最新作『Interstellar』(原題)へも小さな役で出演が決定。アイスランドで2週間ほど撮影に参加する予定だ。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top