田中圭主演ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」波瑠、ハマケン、佐藤二朗がレギュラー出演決定 

最新ニュース


 10月4日(金)からテレビ東京ほかで放送スタート。実在するその時代のゲームが毎回実名で登場し、ゲームと共に青春を過ごしたキャラクターたちの30年に及ぶ私的「ゲーム史」を田中圭主演で描く異色のドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』(テレビ東京ほか)に、波瑠、浜野謙太、佐藤二朗がレギュラー出演することがわかった。

 「ゲームセンターわたなべ」で主人公・礼治(田中圭)との出会いを果たすこのドラマのヒロイン・高野文美(たかの ふみ)を演じる波瑠は「15才~45才という今までにない年令の幅がある役なので、とても難しいですが、スタッフ、キャスト共に優しい人ばかりで、楽しませてもらっています。ゲームを通じて、人と絆をふかめて成長していく私たちを見てほしいです」とドラマの注目ポイントを語り、主人公・礼治とヒロイン高野の親友である木戸明信(きど あきのぶ)を演じる、ハマケンこと浜野謙太は「何年も前からエンターテイメントの“はきだめ”であったゲーセンの歴史をなぞらえることができるのは、ステージに立つ者として感嘆の連続です。 アーケードスティックを握った時の高揚感、敵を撃破する壮快感は…って、いや、すいません。 プレイしだしたら止まらないんです。昔のものほど特に。 大丈夫。お芝居にも集中します!」とゲームに対する思いとドラマへの意気込みを語る。さらに、礼治の父であり「ゲームセンターわたなべ」店主である渡辺雅史(わたなべ まさし)を演じる佐藤は「圭くん、ハマケン、波瑠ちゃんの役設定は30年前に15歳。つまり僕とほぼ同年代になります。あの頃の、バカみたいに前のめりだった自分を見守っているようで、不思議な気持ちです。思い入れの強い作品になりそうです。若い方はもちろん、僕と同年輩や上の世代の方たちも懐かしさに胸が熱くなる作品だと思います」と自身の思い出にキャラクターを重ね合わせて見どころを語っている。

 1983年~2013年、田中演じる礼治、波瑠演じる文美、ハマケン演じる木戸の3人はゲームと出会い、人生のさまざまな壁にぶつかりながら、時には悩み、時には喜び成長していく。ゲームを通して描かれる青春群像劇をぜひお楽しみに!

■『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』
2013年10月4日(金)放送スタート(テレビ東京、テレビ大阪 ほか)
毎週金曜深夜0時52分~

【原案】佐藤大(ストーリーライダーズ)
【監督】鈴村展弘、石田雄介、冨永昌敬、沖田修一、真利子哲也
【脚本】佐藤大、石山英憲、上田誠(ヨーロッパ企画)、森ハヤシ、前田司郎
【出演】田中圭、波瑠、浜野謙太、佐藤二朗
【製作著作】「ノーコン・キッド」製作委員会


波瑠、ハマケン、佐藤二朗がレギュラー出演決定!田中圭主演ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top