欧米で大人気の官能小説映画化、主演が決定 ドン・ジョンソンの娘がヒロインに

最新ニュース

ダコタ・ジョンソン-(C) Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン-(C) Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン-(C) Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン-(C) Getty Images
製作決定以来、キャスティングの行方が注目を集めていた官能小説の映画化『Fifty Shades of Grey』(原題)の主演俳優が決定。『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムとダコタ・ジョンソンが主人公の男女を演じることになった。

チャーリー扮する若き実業家・クリスチャンによって官能の世界に引き込まれる女子大生・アナスタシアを演じるダコタは23歳。父はドン・ジョンソン、母はドンの元妻であるメラニー・グリフィスという二世俳優で、『ソーシャル・ネットワーク』『ビーストリー』などに出演している。

これまでエマ・ワトソンや『スター・トレック』シリーズのクリス・パイン、『オン・ザ・ロード』のギャレット・ヘドランドなど、様々な名前が主演候補に挙がっていたが、今回のキャスティングについて、プロデューサーのダナ・ブルネッティは自身のTwitterアカウントで「キャスティングで重視したのは外見だけではありません。才能やavailability、本人のやる気や俳優同士の相性などです」と説明。「もし、あなたのお気に入りがキャスティングされなかったとしたら、理由は先述のどれかに該当するのでしょう」としている。

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のサム・テイラー=ジョンソンがメガホンをとり、撮影は、全米公開は2014年8月を予定している。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top