EXILE・AKIRA、新ドラマ『ハニー・トラップ』で産業スパイ容疑から逆襲!妻役は仲間由紀恵

最新ニュース


 人気パフォーマンスユニット・EXILEのAKIRAが、フジテレビで10月にスタートする新ドラマ『ハニー・トラップ』(毎週土曜23時10分~)で主演することが決定。一流商社の先端材料の研究員・美山悠一役を演じ、持ち前の肉体美と抜群の運動神経を生かしたアクションシーンも見どころの産業スパイサスペンスに挑戦する。

 今回、AKIRAが演じる悠一は、競合会社もこぞって入札をもくろむ新たな事業の責任者で、仕事を第一に考え、秘めている強さを持ち、ぼくとつとした性格ながらも人柄は良く、評判はいい。しかし、その秀でた才能や仕事ぶりをやっかむ人間も多く、敵が多い…といった役どころだ。そして、悠一が勤める会社の経理部に勤務し、料理が上手で、夫のことを第一に考え、窮地に陥った悠一を支えるまさに理想的な良き妻・美山なつみ役を仲間由紀恵が演じる。

 物語は、一流商社で最新技術を駆使したある素材のプロジェクトを進める悠一が産業スパイの容疑者にされてしまうことから始まる。事件が起こる前、悠一は上司からも期待され、欲しいままの名声、そして美しい妻・なつみの存在など、順風満帆の暮らしを送っていた。そんな中、ある人物と新事業を一緒に進めてほしいと上司から命じられる。その人物とは、奇しくも同じ素材の研究をしている大学教授で悠一の実父だった。悠一の母は少年時代に病死、仕事に没頭するあまり、母の最期をみとらなかった父に対して、恨みに近い感情が長い間、悠一の中に重く刻み込まれていた。
そんなある日、何者かに新事業の情報が盗まれ、あろうことか悠一が情報漏えいの容疑者として上司から謹慎処分を下される。さらに、父親も大学から姿を消し、自宅も荒らされ、一瞬のうちにすべてを失ってしまう。一体誰が…? 悠一は失ったものを取り戻すために立ち上がり、逆襲していく。

 主演のAKIRAは、「日本は、世界で最も産業スパイが暗躍しているという事実を知りました。そして、自分達の身近にも産業スパイが潜んでいる現状を知りました。ドラマのハラハラ、ドキドキな心理戦や駆け引き、ストーリーと共に、平和な日本の中でも、企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さも改めて感じていただけるような作品になればと思っております」と、産業スパイをテーマに、現在の日本が直面している危機を描いた社会派ドラマ出演への意欲を語った。

 ドラマをプロデュースするThe iconの高石明彦は「描きたかったのは、いとも簡単に機密情報が流失してしまう社会の中で、人は何を信じて生きていけば良いのかということ。とりわけ、日本では、その貴重な情報がいとも簡単に流失してしまう素地があり、誰もが大事件に巻き込まれてしまう可能性があります。そんな当事者になってしまった一人の男の再生を描くことで、ある種の恐怖感と痛快感が共存する、新たな読後感を提供したいと思います」とドラマに込めた思いを語っている。

 また、主人公を取り巻くキーパーソンたちとして、高嶋政伸(特別出演)、小澤征悦、池内博之、内山理名といった個性あふれる俳優陣の出演が決定。タイトルが示すように、誰かが誰かを陥れ、裏切りがまた裏切りを呼ぶハラハラドキドキの心理戦、だまし合いの連続に、一体何が真実なのか? 誰が黒幕なのか? 最後まで予測不可能な本格スパイサスペンスがスタートする。

■土ドラ『ハニー・トラップ』
2013年10月スタート
毎週土曜 23:10~23:55(フジテレビ系)



《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top