ニコール・キッドマン、ナオミ・ワッツの代役で実在のスパイ役に挑戦?

最新ニュース

ニコール・キッドマン-(C) Getty Images
  • ニコール・キッドマン-(C) Getty Images
  • ニコール・キッドマン-(C) Getty Images
  • ニコール・キッドマン-(C) Getty Images
ニコール・キッドマンがドイツの名匠、ヴェルナー・ヘルツォーク監督の新作『Queen of The Desert』(原題)で、ナオミ・ワッツの代役としてヒロインを演じると映画サイト「Deadline.com」が報じている。

同サイトによると、ニコールが演じるのは20世紀初頭に中東で活躍した実在の情報員で考古学者でもあるガートルード・ベル。イラク建国にも関わり、“砂漠の女王”の異名で知られる。

ジェームズ・フランコがイギリスの外交官、ヘンリー・カドガンを演じるが、実は彼も代役。当初はジュード・ロウが演じる予定だった。また、ロバート・パティンソンが“アラビアのロレンス”として知られるT.E.ロレンス役で出演予定だったが、彼も降板したという説と、まだ何も決定していないという2つの説が流れている。

ニコールとナオミは実生活で親友同士であるのは有名だが、今回のキャスティング変更については双方ともにノーコメントのままだ。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top