表参道ヒルズで秋を味わう限定メニュー展開 白湯×栗の新感覚つけ麺も

最新ニュース

「ラーメンゼロ PLUS」(本館3F)「栗と白湯(パイタン)のつけ麺」(1,200円)
  • 「ラーメンゼロ PLUS」(本館3F)「栗と白湯(パイタン)のつけ麺」(1,200円)
松茸や栗、きのこ、秋鮭、銀杏など、秋の香り豊かな食材はほっこりと心と身体に浸みて癒しをもたらしてくれる。そんな美食の数々に舌鼓をうつ秋に、表参道ヒルズのレストラン5店舗では、9月1日(日)~10月31日(木)の期間中、「TASTE OF AUTUMN」と題して、旬な秋の食材を使った創作メニューを提供する。

調味料ゼロのラーメンでお馴染み「ラーメンゼロ PLUS」(本館3F)では、まろやかな白湯スープに濃厚な栗のペーストを加えて、ポタージュのように仕上げて秋の季節感を表現したという独創的なつけだれの新感覚つけ麺「栗と白湯(パイタン)のつけ麺」(1,200円)が登場。

特製の麺は厳選された国産小麦を使用。セロリとにんにく風味のバターを塗ったバゲットがアクセントに。ポタージュの表面には、フランス料理風にチョコレートソースで模様が描かれて見た目にも、ラーメンのイメージとはかけ離れた意外さを提案した。ちなみに同店では、前回の夏の冷んやりメニューキャンペーンの際、メキシカンと冷やし坦々麺という珍しい組み合わせを提案し、食べた人に意外な食材が出合う面白さと驚きを与え好評を得た。

その他の店舗では、ハンバーガーレストラン「ゴールデンブラウン」(本館3F)の白トリュフの芳醇な香り漂うきのこのソースが絶品の「熟成ヒレ肉のステーキ きのこソース」(3,980円/180g)、イタリアンレストラン「サルヴァトーレ クオモ」(本館3F)の香り高い松茸をふんだんに使用したピッツァ「松茸のピッツァ“Autunno”~アウトゥンノ~」(2,000円/S サイズ)、ドイツ自然派レストラン「レーゼン ヴァルト」(本館B3F)の肉汁溢れる「銀杏と古代麦を詰めた丸鶏のロースト」(1/2 羽 1,800円、1 羽 3,200円)、洋食レストラン「洋食ミヤシタ」(本館3F)の白ワインで煮た、秋の食材が詰まった「秋鮭のクリームパングラタン」(1,600円)と、各店舗趣向を凝らした秋の創作メニューがラインナップしている。ショッピングの合間のランチやディナーに立ち寄りたい。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top