ウィル・スミス、『インデペンデンス・デイ』続編への出演に向けて交渉入り

最新ニュース

ウィル・スミス-(C) Getty Images
  • ウィル・スミス-(C) Getty Images
  • ウィル・スミス
  • ウィル・スミス-(C) Getty Images
ウィル・スミスが『インデペンデンス・デイ』の続編出演に向けて交渉に入るようだ。1996年7月に公開され世界中で8億ドル(約800億円)もの興行収入を叩き出し、大ヒットを記録した1作目で米海兵隊第314戦闘攻撃飛行中隊のパイロットであるスティーブン・ヒラー大尉を演じたウィルは当初、「ギャラが高すぎる」との理由で企画から降板したと報じられていたが、今回続編でもヒラー大尉役を続投するため交渉入りすることが明らかになった。前作でもメガホンを取ったローランド・エメリッヒ監督は「ウィルがこの続編に出演することはないって確かに発言したこともあったよ。彼は最初、興味を示さなかったからね。でもいまは、ミーティングの計画を立てているところなんだ。もう1度話し合いたいね。何かしら実現するはずさ」と明かしている。

また、トーマス・J・ホイットモア大統領を演じたビル・プルマンと、天才エンジニアのデイヴィッド・レヴィンソン役のジェフ・ゴールドブラムなど主要キャストも続編に続投すると発表されている。

さらにローランドは今回、自身が監督と共同脚本を務めた1994年公開の『スターゲイト』を3部作としてリブート化する予定も明かしている。「権利を持っているMGMを訪れて、続編の提案を出したんだ。リブートとしてね…映画としてリブートして3部作にするんだ。もうすぐ脚本家を探してスタートさせるはずさ」。

ただ、オリジナル版に出演したカート・ラッセルとジェームズ・スペイダーを再びキャスティングすることはないと続けている。「2人ともいまはだいぶ見た目が変わっちゃったよ…これじゃ使えないね」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top