石原さとみ、藤原竜也vs山田孝之のバトルに翻弄される…

最新ニュース

石原さとみ&山田孝之/『MONSTAR(仮)』 -(C) 2014映画『MONSTAR(仮)』製作委員会
  • 石原さとみ&山田孝之/『MONSTAR(仮)』 -(C) 2014映画『MONSTAR(仮)』製作委員会
  • 石原さとみ
  • 藤原竜也×山田孝之/『MONSTER(仮)』
  • 山田孝之&石原さとみ『MONSTAR(仮)』 (C) 2014映画『MONSTAR(仮)』製作委員会
  • 『MONSTER(仮)』のオリジナル映画『超能力者』ポスター
藤原竜也&山田孝之の初共演、『デスノート』『GANTZ』のプロデューサー、さらに『リング』シリーズの中田秀夫が監督を務めることで話題の『MONSTER』(仮)。本作で、山田さんと恋に落ち、藤原さんの超能力に操られるヒロインに、石原さとみが抜擢されたことが明らかとなった。

石原さん演じるヒロイン・叶絵は、ひょんなことから山田さん演じる、ごく“普通の男”終一と出会い、共通の趣味を通じて心を通わせていく。しかし、藤原さん演じる“男”の“人間を操る能力”に身も心も翻弄され、最悪な形で自分の父親を失うことに。やがて、“男”と終一との対決を通じて、彼女自身も苛烈な運命に巻き込まれていく…。

2010年、韓国で200万人以上を動員した『超能力者』のリメイク版となる本作。オリジナルを超える衝撃的な結末を用意されているというが、石原さんは“すべての人間を操れる力”を持つ男・藤原さんと“その能力が唯一通じない男”山田さんに翻弄されるヒロインという難役に挑戦する。

昨年は映画『貞子3D』、舞台「ロミオ&ジュリエット」、TVドラマ「リッチマン、プアウーマン」など次々と話題作に出演。今年は小池真理子・原作のスペシャルドラマ「恋」、主演舞台「ピグマリオン」を控えており、現在は10本ものTVCMに出演。清楚さの中にも大人の色気をまとい、若手女優の代表格としてますます目の離せない活躍ぶりだ。

石原さんは、藤原さんとは『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』に続く中田作品での共演となり、相手役となる山田さんとはTVドラマ「H2~君といた日々」('05)以来、実に8年振りの共演となる。

本作には、佐藤貴博プロデューサーに「主演2人に負けない演技力と華をもった女優」として太鼓判を押され、また、中田監督からの熱烈なラブコールもあってキャスティングが実現した。オファーされた際は「素直に嬉しかった」と語り、「久々に中田組に参加させて頂けるということでわくわくしました」とふり返る。

藤原さんの“力”に翻弄される叶絵の役柄については、「操られるときの無感情さや、意識が戻ったときのパニックさを演じるのは難しかったですが、中田監督と話し合ったり、共演者のみなさんの芝居を受けて、『MONSTER』の世界に入ることができました」と手応えを感じている様子だ。

すでにクランクアップも迎えたようで、藤原さんと山田さんの先輩俳優との共演について聞いてみると、「本番に臨む集中力の高め方、作品への向き合い方がおふたり共とてもプロフェッショナルで、役者としてとても刺激になりました」と語っていた。

『MONSTER』(仮)は2014年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top