五郎、荒川区西尾久のとんかつ店でしゃぶしゃぶと寄せ鍋、麦とろ飯を注文「孤独のグルメSeason3」

最新ニュース

 個人で輸入雑貨商を営む男・井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子を淡々と描く。2012 年の水曜深夜、彗星のごとく現れて視聴者の胃袋をわし掴みにしたグルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)のSeason3がスタート。松重豊演じる愛すべき大食漢・五郎が、前作と変わらずただひたすらに“一人”で美味しいものを食べ続ける。

 9月11日(水)の第10話で、都電荒川線の荒川遊園地駅前にて下車した井之頭五郎は「あらかわ遊園地」内の「下町都電ミニ資料館」へ。五郎を待っていたのは、館長の沖田正義(田山涼成)で、資料館の3周年を記念したイベントのための模型を依頼される。路面電車を熱く語る沖田に圧倒されながら資料館を後にした五郎は、駅までの道で見かけた「たこせん」をおやつに。再び都電荒川線に乗り込むと、大きなキャリーバッグのキャスターが壊れて困っているおばあさんに出会い、一緒に宮ノ前駅で降りてバッグを運んでやる。孫の瞳(吉田亜子)が迎えに来たところでおばあさんと別れ、五郎は昼食の店を探しはじめる。寿司、イタリアン、中華、とんかつの4択で迷い、とんかつ店を選んだ五郎だったが、店内にはとんかつだけでなく、鍋を囲む家族客の姿が。店の主人(林泰文)から名物メニューと聞き、五郎もそのしゃぶしゃぶと寄せ鍋のコース「炎の酒鍋」を注文することに……。

 テレビドガッチでは、井之頭五郎を演じる松重豊さんにインタビューを実施。Season3をむかえるにあたっての意気込みから青春時代のご自身の飲食店バイトの思い出まで、様々なことを語ってくれているので、ぜひこちらもチェックを!

■『孤独のグルメ Season3』
2013年9 月11日(水)23:58~24:45(テレビ東京系)

【原作】『孤独のグルメ』作/久住昌之・画/谷口ジロー(扶桑社刊)
【脚本】児玉頼子
【監督】宝来忠昭
【出演者】松重豊(井之頭五郎役) 田山涼成(沖田正義)
林泰文(店の主人役)       山中聡(常連客役)
良田麻美(店の奥さん役)     吉田幸矢(おばあさん役)
吉田亜子(孫・瞳役)ほか

久住昌之(ふらっとQUSUMI)


関連リンク

松重豊インタビュー!

五郎、荒川区西尾久のとんかつ店でしゃぶしゃぶと寄せ鍋、麦とろ飯を注文!『孤独のグルメSeason3』

《 》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top