『パイレーツ・オブ・カリビアン』第5弾の公開日が延期に

最新ニュース

ジョニー・デップ-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C) Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C) Getty Images
人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』(原題)の公開日が延期されてしまった。製作元のディズニーは10日(現地時間)、本作の公開を当初予定されていた2015年7月10日から延期させると発表している。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーもそれに続いて、2016年の夏までには公開に漕ぎ着けたいと明かしている。「みんなが気に入っているアウトラインはできてるんだけど、肝心の脚本がまだ未完成なんだ」。

さらにディズニーのプロダクション部門のトップを務めるショーン・ベイリー氏も今回の延期について、「世界中の観客の皆様と同様に我々も、ジャック・スパロウの次の冒険に大きな期待をかけていますので、全ての重要な要素をきちんと盛り込みたいと考えているのです」「ただそこにまでまだ至っておらず、キャラクター達にとっても、もちろんファンの皆様にとっても価値のあるプロジェクトにしていきたく思っています」と話す。

公開日が押したことで、主演のジョニー・デップはほかに控えている『Into the Woods』(原題)や『Alice in Wonderland 2』(原題)などの新作撮影に裂ける時間が増えそうだ。 

また、プロデュースを務めるジェリーは以前、ヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリがメガホンを取る本作はこれまでのシリーズ4作以上にホラーとアドベンチャーの融合度が高まると明かしている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top