ケイト・ウィンスレット×ジェイソン・ライトマンで贈る“禁断の愛”…『とらわれて夏』

最新ニュース

『とらわれて夏』 - (C) MMXIII Paramount Pictures Corporation and Frank's Pie Company LLC. All rights Reserved.
  • 『とらわれて夏』 - (C) MMXIII Paramount Pictures Corporation and Frank's Pie Company LLC. All rights Reserved.
  • ケイト・ウィンスレット Peter Bregg (C) for Paramount Pictures
  • トロント国際映画祭にて Peter Bregg (C)  for Paramount Pictures
『JUNO/ジュノ』、そして『マイレージ、マイライフ』で、2度のアカデミー賞「監督賞」ノミネートを果たした35歳の天才監督ジェイソン・ライトマンと、『愛を読むひと』でアカデミー賞「主演女優賞」を受賞したケイト・ウィンスレットがタッグを組んだ『Labor Day』(原題/全米12月25日公開)の邦題が、『とらわれて夏』に決定。来年GWに日本公開されることになった。

舞台は、アメリカ東部の静かな町。9月のレイバー・デイ(労働者の日)の週末をひかえたある日、トラウマを抱えたシングルマザーのアデルと13歳の息子・ヘンリーの前に、突然、脱獄した逃亡犯・フランクが現れる。アデルは、そのまま自宅で逃亡犯を匿うこととなり、3人は緊張状態のまま時間を過ごしていく。やがて、フランクとヘンリーは打ち解け合い、いつしかフランクとアデルはお互いに惹かれ合っていくのだが…。

本作は人生の晩夏にさしかかったシングルマザーと思春期の少年が体験した、運命の5日間を描く禁断のラブストーリー。共演に演技派ジョシュ・ブローリン、トビー・マグワイアを迎え、『ヤング≒アダルト』など、辛辣でユーモアにあふれた独特な世界観が代名詞だったライトマン監督は、新境地となる“禁断の愛の物語”を描き上げている。

本作は、オスカーの前哨戦といわれる、北米最大の映画祭・トロント国際映画祭にて、9月7日(現地時間)にプレミア上映され、主演のケイトにジョシュ、息子役のガトリン・グリフィス、そしてライトマン監督らがレッドカーペットと記者会見に登場した。

会見でケイトは「主人公・アデルに共感するのは、愛し、そして、愛される力を持つこと。彼女はその力を失ってしまっていたけれど、最もシンプルで最もピュアな形でそれを再発見するの」と本作を語った。

また、ライトマン監督は「この原作(ジョイス・メイナード著「Labor Day」)の素晴らしいところは、人間の“説明できない欲望”を描いている点。それを僕自身が映画で見たかったんだ」とコメントした。

トロント映画祭は今年の賞レースの幕開けに位置づけられ、近年では『英国王のスピーチ』『世界にひとつのプレイブック』などがこの映画祭での称賛から、数々の賞の受賞へと繋がっていった。オスカーノミネートがうわさされる本作も、本映画祭での上映を受け、今後数々の賞レースでも期待が高まっている。

『とらわれて夏』は2014年GW、TOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top