福士蒼汰、フジ月9「海の上の診療所」に出演決定

最新ニュース


 松田翔太主演で10月14日スタートの“月9”ドラマ『海の上の診療所』(フジテレビ系毎週月曜21時~)に福士蒼汰の出演が決定。福士は、「今までは"豆絞りの先輩"を演じていましたが、これからは"メガネの後輩"を演じて、皆さんに愛されたい」と語った。

 瀬戸内海には大小あわせて700ほどの島々が浮かび、その中の多くが、救急患者が発生しても、そこに頼るべき医師はいない“無医島”となっている。実際に瀬戸内海の島々では、こうした問題を解決すべく、病院並みの機能を持ち、医師や看護師たちを乗せた船「済生丸」が実際に活躍している。ドラマは、済生丸をモチーフにした病院船“海診丸”を舞台に、ひょんなことから海診丸に乗り込んだ若手医師・瀬崎航太(松田翔太)を中心に物語は展開。優秀な医師でありながら、女性にホレっぽい航太は、島に行ってはマドンナに恋をし、彼女が抱えている医療問題を解決するために奔走。さまざまな人々を巻き込んだドタバタ劇が繰り広げられていく。

 福士が今回演じるのは、航太になぜか懐いて師弟関係のようになり、その一方で航太と犬猿の仲の武井咲演じる曲がったことが大嫌いな荒っぽい看護師・戸神眞子にひそかに思いを寄せる看護師・三崎昇。昇は誰に対しても優しいマジメな男で、同性からは“後輩”として好かれるが、女子からは“いい人”止まりで終わってしまう典型的な男。新しく船に乗り込んできた航太に眞子への思いをどう告げたらいいのか相談するようになるのだが、航太自身がそもそもフラれてばかりなのだからアテにはならないことに気づいてない。航太から受けたいいかげんなアドバイスを真に受けては実践に移し、眞子に殴られる…そんな愛すべきキャラクターで、“いい人”を象徴するように福士は初めて“メガネ男子”姿で役に挑む。

 今作への出演について福士は「ドラマは一人一人のキャラクターの個性がしっかり出ているのでどのように作品になっていくのかとても楽しみですが、その中で三崎昇はいわゆる“いいヤツ”でリアリティのある普通の男子で一番色が出ていないなと(笑)。演じるのは自分次第なのでどのように表現していけばいいのか悩んでいます。思いを寄せる眞子に対して航太が来るまで何もできずにいたと思うので、そんな"うぶ"感も出せたら」と意気込みを語った。

 また初共演する松田と武井について「松田さんはデビュー当時に初めてお会いしたとき”次は現場で”とおっしゃっていただいていたので、今回本当にご一緒できてうれしいです。早速いろいろアドバイスをいただけて感激しています。武井さんとはこれから共演シーンの撮影があるのですが、まだわからない今後の展開で昇と眞子との距離が縮まっていってくれたらと願います」とコメントし、撮影を楽しみにしているようだ。

■『海の上の診療所』
2013年10月14日(月)21:00~21:54(フジテレビ系)


"豆絞りの先輩"から"メガネの後輩"へ 福士蒼汰がフジ月9『海の上の診療所』に出演決定!

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top