大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市出演 スペシャルドラマ「鍵のかかった部屋」

最新ニュース


 嵐の大野智主演で2012年4月期にフジテレビ系で放送された、全エピソードを密室だけに特化した密室パズルミステリードラマ『鍵のかかった部屋』が、スペシャルドラマとなって来年放送されることがわかった。

 大野が演じる榎本は、普段は口数が少ないが、いざセキュリティのことになると早口でまくしたて、事件の解決よりも、密室を破ることにしか興味がないというキャラクター。指を擦り合わせ、「密室は破れました」という決めぜりふのシーンが話題に。大野は「撮影はこれからですが、今回はどんな強敵が現れるのか、そしてどんなトリックが待ち構えているのかワクワクします! 約1年ぶりの密室事件、しっかりと謎が解けるよう、必死で台詞を覚えます(笑)」と意気込みを語っている。

 今回のスペシャルドラマでは、原作者・貴志祐介の未発表作品を映像化。連続ドラマでは、「鍵のかかった部屋」「硝子のハンマー」「狐火の家」の三作からエピソードを選出し映像化されたが、今回は11月12日に発売される「小説野性時代」(角川書店)に掲載予定の新作「鏡の国の殺人」に加え、未発表の「二つの密室」(仮)の内容も盛り込んだ内容となる。

 もちろん、難解な密室事件の依頼を断れず、榎本とともに事件解決に奔走する、戸田恵梨香演じる純粋でまじめな女性弁護士の青砥純子と、事件にはまったく興味がなかったが、段々と榎本の才能や不思議なキャラクターにひかれ、事件が起こると気になって仕方がない、佐藤浩市演じるお茶目なエリート弁護士の芹沢は健在で、榎本、純子、芹沢の3人によるコミカルで絶妙な掛け合いには楽しみの一つ。連ドラでもおなじみだった、榎本の謎解きには欠かせない事件現場を緻密に再現した模型も登場、スタイリッシュな映像と音楽の演出にも注目だ。

■『鍵のかかった部屋SP』
来年放送予定


大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市出演『鍵のかかった部屋』未発表原作でスペシャルドラマを制作

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top