【東京国際映画祭】「カンヌ比率70%」と海外映画祭を意識…日中問題も「心配ない」

最新ニュース

「第26回東京国際映画祭」会見 -(c)2013 TIFF
  • 「第26回東京国際映画祭」会見 -(c)2013 TIFF
  • 栗山千明&二階堂ふみ/「第26回東京国際映画祭」会見
  • 「第26回東京国際映画祭」会見
  • 栗山千明&二階堂ふみ/「第26回東京国際映画祭」会見
  • 栗山千明/「第26回東京国際映画祭」会見
  • 二階堂ふみ/「第26回東京国際映画祭」会見
  • 栗山千明&二階堂ふみ/「第26回東京国際映画祭」会見
  • 「コンペティション部門」プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦氏/「第26回東京国際映画祭」会見
第26回東京国際映画祭(以下:TIFF)の開催に先駆け、9月19日(木)、六本木ヒルズにて記者会見が行なわれた。“フェスティバル・ミューズ”の栗山千明、「コンペティション部門」に出品される『ほとりの朔子』主演の二階堂ふみが華を添えた一方、TIFF事務局長や各部門のプログラミング・ディレクターらが登壇し、今年のテーマや方向性について語った。

今年のグリーン・カーペットには、トム・ハンクスを始めロバート・デ・ニーロ、エレン・ペイジ、ソフィア・コッポラ監督など豪華な海外スターたちが来日。さらに、これまでオープニング・イベントとして1日のみの開催だった“グリーン・カーペット”イベントを、開催期間中は連日行うことを発表。

事務局長の都島信成氏は、「その日に来たゲストがカーペットに登場できるような仕組みにしようと思っております。ある意味、カンヌを始めとした海外の映画祭のイメージに近いものを追求したいと思っております。ちなみに、アリーナ上に作られますカーペットとステージのデザインは、カンヌ比率70%のサイズになると聞いております(笑)」と語り会場を沸かせた。

さらにその後、質疑応答が行われたが、昨年“日中問題”に揺れ、アジア圏のゲストの来日がほとんどなくなってしまったことから、マスコミからは心配の声があがった。しかしこれに、「コンペティション部門」プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦氏は「(作品の上映に関しては)まったく問題なく進んでおります。ゲスト来日に関しましても、現在交渉中ですが、非常に前向きに進行中です」と穏やかに回答。最後に「今年に関しましては、心配しておりません」と笑顔で語っていた。

第26回東京国際映画祭は10月17日(木)~25日(金)まで東京・六本木ヒルズにて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top