ヒュー・ジャックマンの肉体美を堪能!「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」金曜ロードSHOW!に登場

最新ニュース


 ヒュー・ジャックマンが最も過激なヒーロー・ウルヴァリンを演じ、真田広之やTAOら日本人キャストも出演している「ウルヴァリン:SAMURAI」が現在絶賛公開中。そんな中、ウルヴァリンの哀しき誕生秘話が明かされる『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』が、9月20日(金)21時から日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」に登場!

 のちにウルヴァリンとなる青年・ローガンは、 スーパーパワーを持つ“ミュータント=超人類”。彼は、謎の軍人・ストライカーに誘われ、兄のビクターとともにミュータントばかりが集められた秘密組織に所属することに。しかしある任務をきっかけにローガンは組織を離脱。その後、愛する女性とともに平和な生活を送っていたが、かつて仲間だったミュータントを狩ることに燃えるビクターの魔の手が、ローガンに迫っていた。スーパーパワーを覚醒させてから150年以上に渡って、常に一緒に過ごしてきた兄・ビクターとの愛憎。そして、初めて真剣に愛した女性・ケイラとの運命の愛と別離。ローガンにとって、そしてすべての人間にとってなくてはならない“家族”と“恋人”という2つの人間関係を軸に、1人の青年の苦悩と成長が描かれていく。

 ウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンは、舞台を中心に活躍していた実力派俳優で、「X-MEN」シリーズでブレイク。昨年公開された「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役でも、圧倒的な演技力を見せつけた。幅広い演技をこなすジャックマンが、本作ではその鍛え抜かれた肉体を駆使し、超絶アクションを披露! 特にクライマックスで見せるビクターと、新たに現れる最強の敵との三つ巴のファイトシーンは大迫力。ジャックマンによれば、アクションシーンをリアルに見せるため、ビクター役のリーヴ・シュレイバーと本気で殴り合ったこともあったという。そんな生身のバトル、ウルヴァリンが乗るハーレーダビッドソンとヘリコプターによるスリル満点のチェイスシーンなど、見逃せないシーンが満載だ。

 一匹狼のウルヴァリンをはじめ、心に傷を負ったキャラクターが繰り広げる濃厚な群像劇が「X-MEN」シリーズの最大の魅力。日本刀の二刀流でスピーディーなアクションを見せるウェイドに扮するのはライアン・レイノルズ。そして、原作でも人気の高い“ガンビット”ことレミー・ルボー役で、「ジョン・カーター」「バトルシップ」などで大ブレイク中のイケメン俳優、テイラー・キッチュが登場。他にも、「ソルト」のリーヴ・シュレイバー、 ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、「LOST」「ロード・オブ・ザ・リング」のドミニク・モナハンや「私の名前はキム・サムスン」に出演した韓流スターのダニエル・ヘニーら、多彩な俳優陣が集結した。

■金曜ロードSHOW!
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
2013年9月20日(金)21:00~22:54(日本テレビ系)


ヒュー・ジャックマンの肉体美を堪能!『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』金曜ロードSHOW!に登場

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top