元ヤクザの死刑囚役・ピエール瀧、原作者の「実物より凶暴」との絶賛に複雑

最新ニュース

山田孝之&リリー・フランキー&ピエール瀧&池脇千鶴&白石和彌監督/『凶悪』初日舞台挨拶
  • 山田孝之&リリー・フランキー&ピエール瀧&池脇千鶴&白石和彌監督/『凶悪』初日舞台挨拶
  • 山田孝之/『凶悪』初日舞台挨拶
  • 山田孝之&リリー・フランキー&ピエール瀧&池脇千鶴&白石和彌監督/『凶悪』初日舞台挨拶
  • リリー・フランキー/『凶悪』初日舞台挨拶
  • ピエール瀧/『凶悪』初日舞台挨拶
  • 池脇千鶴/『凶悪』初日舞台挨拶
実際の保険金殺人事件を下敷きにした映画『凶悪』が9月21日(土)に公開。主演の山田孝之を始め、リリー・フランキー、ピエール瀧、池脇千鶴、白石和彌監督が都内劇場で舞台挨拶を行なった。

収監中の元ヤクザの死刑囚からの手紙に記された、埋もれた殺人の告白を基に、雑誌「新潮45」で発表され、その後、警察が動き新たな逮捕者が出る大事件となった保険金殺人事件を映画化。手紙を受け取った記者が死刑囚との面会と調査を軸に、多くの殺人に手を染めながら何不自由なく生きる“先生”と呼ばれた男を追いつめていくさまを描く。

凄惨な殺人の描写が続く映画とあって、観終わったばかりの劇場は何とも異様な雰囲気。元ヤクザの死刑囚を演じたピエールさんは「みなさんの顔が心なしか『何だアイツ』という感じで…。そりゃそうですよね」と苦笑い。

撮影時のエピソードなど、何とか楽しい話で盛り上げようと試みるも、会話の端々に「肉が…」など凄まじい殺人事件の現場を想像させる単語が登場し、会場のムードはますます微妙に…。

リリーさんは「話せば話すほど不謹慎ですよね」と語り、映画会社が宣伝用に配った「凶」と「悪」の文字が裏表に書かれたうちわについても「どうかと思うよ、それも」と呆れ顔。ピエールさんも「舞台挨拶付き(上映)というのがこんな複雑な気分になるなんて…」と嘆いていた。

池脇さんは、山田さん扮する記者の妻で、直接、事件に関わりはないが、認知症の義母の世話と家庭を顧みない夫に心身ともに疲れ果てている役どころ。「私は撮影は2日間だけだったんですが、おばあちゃんとの対峙と夫とのケンカ腰の対面で何にも楽しくなかったです。息が詰まりました(苦笑)」とこちらもつらそうに述懐。

そんな中、「山田さんは楽しそうでした」と暴露。山田さんは「映画って、芝居ってこんなに楽しいのかって思いました! 楽しかったです」と笑顔を見せ、リリーさんから「プレイじゃないですか」とすかさずツッコミが入った。

この日は原作となったルポルタージュを発表した記者の宮本太一氏からキャスト、監督の苦労をねぎらい、映画を絶賛する手紙が届けられた。山田さんは「泣きそうです、ウソです」とおどけつつも、「嬉しいです。映画は原作と比較されるものなので、そう言っていただけて」と感慨を口にする。ピエールさんは手紙で「私が面会した実物よりはるかに凶暴だった」という宮本さんの称賛(?)の言葉に複雑そうな表情を見せていた。

『凶悪』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top