トム・ヒドルストン、アメコミ悪役から吸血鬼に…ジム・ジャームッシュ監督作12月公開

最新ニュース

吸血鬼役のトム・ヒドルストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
  • 吸血鬼役のトム・ヒドルストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
  • 吸血鬼役のトム・ヒドルストン&ティルダ・ウィンストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
  • 吸血鬼役のトム・ヒドルストン&ティルダ・ウィンストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』、『コーヒー&シガレッツ』、『ブロークン・フラワーズ』など、独特なオフビートの世界を描く鬼才ジム・ジャームッシュ監督。4年ぶりとなる最新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』が、日本でも12月に公開が決定し、主演を務めるトム・ヒドルストンの劇中ビジュアルが初お披露目となった。

アンダーグラウンドなミュージシャンの吸血鬼・アダム(トム・ヒドルストン)は、自己破滅的な人間たちの行動にうんざりしていた。そんなとき、恋人・イヴが彼の元を訪れる。何世紀も愛し合い、生き続けてきた吸血鬼の2人は、久しぶりの再会を楽しむはずだったが、イヴの破天荒な妹・エヴァが突然姿を現し、3人の運命はゆっくりと思わぬ方向へと動き始めるのだった…。

本作は、ジャームッシュ監督が構想に7年もの時間を費やした、自らの集大成ともいえる吸血鬼のラブストーリーだ。本年度カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」に出品され、大きな話題を呼んだ。

主演は『マイティ・ソー』シリーズ、『アベンジャーズ』のロキ役として一躍スターダムを駆け上がった英国人俳優、トム・ヒドルストン。

今回初お披露目された劇中ビジュアルでは、ロキとはまるで別人! アメコミの世界から脱出し、見事にジム・ジャームッシュ・ワールドの住人へと変身を遂げ、妖しい雰囲気をプンプンに醸し出している。このビジュアルだけ見ても、トムが新境地を見せてくれることは間違いなさそうだ。

共演には、2007年『フィクサー』でアカデミー賞「助演女優賞」に輝き、『ムーンライズ・キングダム』(ウェス・アンダーソン監督)、『スノーピアサー』(ポン・ジュノ監督)と大活躍が続くティルダ・スウィントン。

さらに、『アリス・イン・ワンダーランド』『イノセント・ガーデン』のミア・ワシコウスカと、実力派が名を連ねている。

ベネディクト・カンバーバッチに続いて、いま最も注目されている英国人俳優のトムを迎えて、インディーズ魂あふれるジャームッシュ監督が描く、吸血鬼のラブストーリー。果たして、どんな作品に仕上がっているのだろうか?

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』は、12月よりTOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top