クエンティン・タランティーノが主演に…“B級映画の帝王”ロジャー・コーマン演じる

最新ニュース

“B級映画の帝王”ロジャー・コーマン監督演じるクエンティン・タランティーノ -(C) Getty Images
  • “B級映画の帝王”ロジャー・コーマン監督演じるクエンティン・タランティーノ -(C) Getty Images
  • 『ジャンゴ 繋がれざる者』ミニ記者会見
  • 「第85回アカデミー賞」でのクエンティン・タランティーノ監督
  • 『ジャンゴ 繋がれざる者』ミニ記者会見
  • 『ジャンゴ 繋がれざる者』ミニ記者会見
  • 『ジャンゴ 繋がれざる者』バレンタランティーノ・ナイト
  • 『ジャンゴ 繋がれざる者』バレンタランティーノ・ナイト
  • 『ジャンゴ 繋がれざる者』バレンタランティーノ・ナイト
クエンティン・タランティーノが、“B級映画の帝王”と名を馳せた映画監督ロジャー・コーマンの半生を描く伝記映画『The Man with Kaleidoscope Eyes』(原題)でコーマン監督役に抜擢されたようだ。

タランティーノは、ジョー・ダンテ(『グレムリン』シリーズ)がメガホンを取る本作で、B級作品の製作を得意とし、数々の作品を世に送りだしたコーマン監督を演じることになったという。

本作はジャック・ニコルソンが脚本を執筆し、ピーター・フォンダを主演に迎えた1967年公開作で、麻薬によるトリップ体験を描き物議を醸した『白昼の幻想』の製作過程を描くもとなるようだ。

コーマン監督自身は、今回のプロジェクトについて「この作品は私がどのようにLSDについての『白昼の幻想』を1960年代に作ったかというストーリーになるんだ。この作品にはジャック・ニコルソンが脚本家として参加したんだよ。私はLSD経験があるから、その感覚が分かってたんだ。公開当時は物議を醸したけど、その年のカンヌ国際映画祭に招待された唯一のアメリカ映画でもあったんだ」と語っている。

元々はコリン・ファースがコーマン監督の役で配役されていたという本作。公開日は現時点で未定となっている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top