マーク・ジェイコブス、「ルイ・ヴィトン」のクリエイティブ・ディレクターを辞任か

最新ニュース

マーク・ジェイコブス-(C) Getty Images
  • マーク・ジェイコブス-(C) Getty Images
  • マーク・ジェイコブス
  • マーク・ジェイコブス-(C) Getty Images
マーク・ジェイコブスが「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」のクリエイティブ・ディレクターの座を離れるとうわさが立っている。1997年から「ヴィトン」でデザイナーとして活躍してきたマークは来月にもブランド側との契約が切れるものの、契約を更新しない可能性があるという。マークの離脱はすでにブランド内で承認を得ているとも言われているが、「ヴィトン」の広報は今回のうわさに関してのコメントを控えた状態だ。

さらに、「バレンシアガ(Balenciaga)」の元クリエイティブ・ディレクター、ニコラ・ゲスキエールがマークの後任として候補に挙がっているとも取り沙汰されている。ただ、関係筋は「何も決定している段階ではありません」「マーク・ジェイコブスは『ヴィトン』で素晴らしい仕事をしてきました。しかし、レザーグッズを変革し、あまりにバッグにフォーカスされすぎてしまっているファッションのバリュー・プロポジションを立て直す必要もありますね」とも明かしている。

16年前に「ヴィトン」に加わったマークはメンズおよびウィメンズのレディ・トゥ・ウェア・ラインを打ち立て、スティーブン・スプラウスや草間彌生といった多くの著名なアーティスト達ともコラボレーションを重ねてきた実績がある。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top