栗原類、ドラマ「彼岸島」で“華麗で妖艶な吸血”雅役に大抜擢

最新ニュース


 累計560万部を超え、日本のみならず韓国・台湾・タイなどのアジアでも 人気を博している、松本光司氏原作のコミック「彼岸島」(講談社刊)がついにテレビドラマ化、10月24日(木)よりはじまる。先日発表された白石隼也と鈴木亮平のW主演及びヒロインのキャストの発表に続き、ついに最強の敵である吸血鬼・雅(みやび)役に、ネガティブキャラとしてバラエティ番組などで人気のモデル・栗原類が大抜擢。原作キャラのイメージを超える華麗で妖艶な吸血鬼を演じることが明かされた。

 栗原演じる雅は、彼岸島の人々を吸血鬼ウィルスに感染させ、島全体を支配する最凶にして最強の吸血鬼。原作を読んだ感想について栗原は、「凄く面白いと感じました。お笑いとホラーのバランスをよく作っていて、シュールなヒューモアと、印象に残る様な怖さを持っていると思います」と。また、ドラマ内最強の敵という役どころを演じることについては、「良い意味でプレッシャーを感じています。僕は今まで、ドラマと映画はすべて原作が有る作品をやらせて頂いていて、演じたのは映画版オリジナルキャラクターだったのですが、今回はもともと原作にある大切な役ということでより責任感を感じます」と緊張の胸中を明かすと、「僕は映画版の"彼岸島"雅を演じた山本耕史さんの様な芝居は百万年かかっても出来ませんが、皆さんの期待を裏切らないよう頑張りたいです!」と彼らしい消極的(!?)な姿勢の中、熱い意気込みを見せた。

 また、そんな雅の脇を華やかに彩るのは、満を持してテレビドラマに初出演する元宝塚の男役トップスターの大和悠河だ。これまでのイメージを覆す大胆セクシー衣装が注目を集めている。さらに、鈴木演じる篤役の恋人役に、映画「ユダ」の主演を務めた水崎綾女が。雅の過去のカギを握る役には鶴見辰吾が登場することが決定しているという。

 理屈なし、問答無用で襲ってくる恐怖に打ち勝つ人間の底力と絶望感からくるギリギリのスリルを描く『彼岸島』。テレビドラマでは、原作同様、人間を恐怖で支配する最強の吸血鬼や巨大化した化け物をリアルに再現していく。吸血鬼との戦いを描くゲーム的要素だけでなく、理不尽で絶望な事態に追い詰められてもなお強く立ち向かっていく「人間の底力」や、今の社会ではリアルに感じることができない「生命の尊厳」を問いかける深いヒューマンドラマ……新たなサバイバルドラマを是非、お見逃しなく!!

■ドラマ『彼岸島』
10月24日(木)スタート
MBS:毎週木曜 深夜0:59-1:29
TBS:毎週木曜 深夜0:58-1:28
※放送時間変更の可能性あり)

<スタッフ>
総監修: 三池崇史 『悪の教典』『愛と誠』『逆転裁判』
脚 本: NAKA雅MURA 『QP』『神様のパズル』『どろろ』
監 督:西海謙一郎、横井健司
原作:松本光司「彼岸島」(週刊ヤングマガジン連載中/講談社 刊)
制作: エクセレントフィルムズ
製作:「彼岸島」製作委員会・MBS

(C)松本光司・講談社/2013「彼岸島」製作委員会・MBS



関連リンク

人気コミック「彼岸島」がドラマ化! 白石隼也と鈴木亮平がW主演で兄弟に!
原作の世界観をリアルに再現!新ドラマ『彼岸島』ついに、主要キャストの衣装姿を公開!!
新ドラマ『彼岸島』のために、ボーカルユニット・Honey L Daysが曲を書き下ろし!期待の予告映像も本邦初公開

『彼岸島』原作キャラを超える「華麗で妖艶な吸血」雅役に栗原類が大抜擢

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top