ブリトニー・スピアーズ、新曲のPVが過激すぎてイギリスのテレビで放映禁止に

最新ニュース

ブリトニー・スピアーズ-(C) Getty Images
  • ブリトニー・スピアーズ-(C) Getty Images
  • ブリトニー・スピアーズ
  • ブリトニー・スピアーズ-(C) Getty Imagesブリトニー・スピアーズ-(C) Getty Images
ブリトニー・スピアーズの新曲「ワーク・ビッチ」のミュージック・ビデオがイギリスのテレビで放映禁止となった。同曲でブリトニーは「ビッチ(メス犬)」という放送禁止用語を19回も連発しているだけでなく、その言葉をネオンで強調するような視覚効果や、ダンサー達がムチで打たれたり、SMのボンテージ姿で登場するなど過激な表現が目立つことから、イギリスのテレビ各局では夜の10時以前の放映は不適切だと判断された。

イギリスのテレビ界はブリトニー側に昼間の放送でも流せる「修正バージョン」を求めているものの、現時点でブリトニーの関係者はそういった配慮を見せていない状況だ。ある関係者は「Daily Mirror」紙に「オンライン上では大人気になっていますが、正直テレビではちょっと過激すぎますね。(イギリスのテレビ局である)ザ・ボックスやMTVは手詰まり状態ですよ」と明かした。

ただ、そんなブリトニーが発表予定の通算8枚目となる新作アルバムには「ワーク・ビッチ」のようなセクシーな曲ばかり収録されているわけではなく、リアーナやデヴィッド・ゲッタ、フロー・ライダーらとのコラボで知られているシーアと手がけ、人生について謳い上げた「感動的な」バラードの「パフューム」なども含まれている。先の関係者は「『パフューム』はとても個人的な曲で、非常に感動的です。今回の作品はブリトニーが完全に共同作曲した初めてのアルバムなんです。 彼女の感情や人生経験を込めた作品で、自分でもとても誇らしく思ってるんですよ」と続けた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top