玉木宏が勝海舟に!石原さとみとタイムスリップ時代劇『幕末高校生』製作決定

最新ニュース

『幕末高校生』-(C) 2014「幕末高校生」製作委員会
  • 『幕末高校生』-(C) 2014「幕末高校生」製作委員会
  • 『幕末高校生』で時代劇W初主演となる玉木宏&石原さとみ
  • 『幕末高校生』-(C) 2014「幕末高校生」製作委員会
  • 玉木宏
  • 石原さとみ
『のだめカンタービレ』(CX)で人気を確固たるものにし、役者としてだけでなくミュージシャンやカメラマンとしても活躍する玉木宏と、「リッチマン&プアウーマン」(CX)で絶妙なコメディアンヌ振りを発揮し、映画、舞台にCMにと引っ張りだこの石原さとみをW初主演に迎え、時代劇大作『幕末高校生』が製作されることが決まった。

時は1868年、幕末…。江戸では、新政府軍と幕府軍の戦いが始まろうとしていた。無益な戦いを何とか避けたい勝海舟(玉木さん)は、新政府軍の西郷隆盛へ和平の使者を送ったのだが、彼からの返事は未だ来ない。そんなある日、勝は幕府に捕えられていた“未来からやって来た”という高校教師・未香子(石原さん)と、その教え子・雅也と出会い、彼らの面倒を見ることになるが…。

本作は、当時の映画事業局長・亀山千広氏(現フジテレビ新社長)の号令で動き出した、いわば「新時代劇プロジェクト」。映画『テルマエ・ロマエ』や「JIN-仁-」(TBS)、「信長のシェフ」(EX/東映制作)、「タイムスクープハンター」(NHK)など、話題作が続くタイムスリップものを題材に、“若い世代もターゲットにした時代劇”というコンセプトのもと軽快なテンポで描く本作は、従来の固定概念を打ち壊す、“新”時代劇の幕開けになる可能性大。監督は、『デトロイト・メタル・シティ』『ボックス!』とコメディから感動作まで幅広く手がける李闘士男が務める。

新時代への立役者となる、歴史上の人物を演じることになった玉木さんは、現代と幕末という2つの時代が融合した設定に「僕が学生の頃、こういったストーリーに触れていたら、もっと歴史の勉強に入っていきやすかったし、分かりやすかったのではないかと思います」とコメント。また、「過去、諸先輩方がたくさん演じられてきた“勝海舟”ですが、いま改めて自分がそれを演じる意味や、彼の新しい面を提供したいという気持ちを強く持つようにしています」と、決意を語った。

石原さんは、「勝海舟と言えば、威厳・貫禄がある人という感じですが、玉木宏さんが演じる勝海舟は“キラキラ”していますよね!」と、玉木さんに太鼓判。「ドラマチックな時代だからこそ、玉木さんの演じる新しい勝海舟のイメージ像が凄く面白いと思います」と話し、「本当に私たちがその時代に行くことがあれば、未香子が感じたような『こんなの、勝海舟じゃない!』というギャップがあるんだろうなと思います。そういうところが、新しいですし、面白いなと思いました」と見どころを紹介した。

現代と同じように、若者たちの間に不安が蔓延していたであろう幕末。李監督は、「いまの若者たちも、この作品を観て未来に希望を持って貰いたい」と、意気込みを語っている。

『幕末高校生』は2014年夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top