シャネルは、色と素材でファッションをアートに【14SSパリウィメンズ】

最新ニュース

シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
  • シャネル 14SSコレクション
「シャネル(CHANEL)」がパリファッションウィークで発表した14SSコレクション。シャネルをテーマにした約75点のアート作品が並び、ギャラリーのように演出された会場からも分かるように、アーティスティックディレクターのカール・ラガーフェルドがインスパイアされたのはアート。

コレクションはブルーやピンクの春らしいパステルカラーで始まり、ワインレッド、ホワイト、ネイビー、そして最後は何色もの絵具が並ぶパレット柄でランウエイがカラフルに彩られた。使用された素材も、シフォンやオーガンザ、プラスティック繊維などで織られたツイードや、ニット、シリコンのレースプリントやレザーなどバリエーション豊か。

2種のツイードで切り替えたドレスや、ウエストにベルトのようにツイードを配したパンツなど異なる素材を組み合わせたデザインに加え、ワンショルダーのジャケットやドレス、深いスリット入りのスカートがキーアイテムとして登場した。

モデル全員が着用したブーツはソックスと一体型。アクセサリーは、大きなパールのネックレスやリング、ロングネックレスを大胆に重ねてスタイリング。バッグもカラフルなバックパックから、メタルハンドルがついた小さなクラッチ、パレット柄のチェーンバッグまで様々なデザインが披露された。
《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top