ディズニー最新作『アナと雪の女王』主題歌にMay J.が抜擢「本当に嬉しい!」

最新ニュース

May J./『アナと雪の女王』日本語版主題歌を担当
  • May J./『アナと雪の女王』日本語版主題歌を担当
  • 『アナと雪の女王』-(C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • May J./『アナと雪の女王』日本語版主題歌を担当
『美女と野獣』『塔の上のラプンツェル』を世に贈りだしてきたディズニーが、2人のプリンセスを主人公に、新たな愛の物語を描くスペクタル・ファンタジー映画『アナと雪の女王』。このほど日本語版主題歌のエンディング・ソングを幅広い世代で人気を誇る、現代の“バラードの女王”May J.が担当することに決定した。

触れるもの全てを凍てつかせる“秘密の力”を持つ姉・エルサはその力を制御できず、真夏の王国を凍てつく冬の世界に変えてしまった。妹のアナは、逃亡した姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒・トナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出るのだが…。

アンデルセン童話の傑作「雪の女王」にインスピレーションを得て、雪と氷の世界を舞台に予測不可能なストーリーと、珠玉のミュージカル・ナンバーが彩るエンターテイメント作品に仕上がった本作。

今回、May J.が歌う楽曲「Let It Go」は、触れるもの全てを凍てつかせてしまうという秘密の力を持っているために、愛する妹を傷つけることを恐れ、自分の世界に閉じこもって暮らしてきたエルサが、いままで抑えてきた感情を解き放ち、自由に生きることを誓うという内容。エルサの心の奥深い感情を表現する曲ゆえに、歌唱力はもちろん、優れた表現力も持ち合わせていなければ、歌い上げることのできない難しい曲なのだ。

この難曲の担当に大抜擢されたMay J.は、「本当に嬉しいです! 生まれたときから、ディズニー映画に流れる音楽に合わせて歌っていました。歌以外にもディズニー映画を観て英語も勉強しました(笑)。本当に私にとってディズニーは全てです。家族でもあり、親のようなディズニー映画の主題歌を歌わせていただけるのは本当に光栄なことです!」と、子どもの頃からの夢が実現し大興奮の様子。

また、お気に入りの作品は『アラジン』だそうで、「いずれは、『ホール・ニュー・ワールド』もカバーしたい!」との願いも明かしてくれた。

英語版本編では、ブロードウェイで活躍し、日本でも人気の「ウィキッド」でトニー賞にも輝いた実力派女優イディナ・メンゼルが、エルサ役声優を担当したことが早くも話題になっている本作。May J.は、本編中でエルサが歌っている主題歌「Let It Go」のエンディング・ソングをどのように歌い上げるのか。劇場で彼女の歌声が聴ける日を楽しみ待ちたい。

『アナと雪の女王』は2014年3月14日(金)より2D/3Dで同時公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top