トム・ハンクス、糖尿病を告白

最新ニュース

トム・ハンクス-(C) Getty Images
  • トム・ハンクス-(C) Getty Images
  • トム・ハンクス
  • トム・ハンクス-(C) Getty Images
トム・ハンクスが糖尿病と診断されたことを告白した。現在57歳のトムは、36歳のときから血糖値が高く、慢性的な糖尿病の症状を患っていたそうだが、つい最近になって2型糖尿病であると医師から診断されたそうだ。

米人気トーク番組「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」に出演したトムは「病院に行ったら、医者から『36歳のときから血糖値が高いのはご存知でしょ? 徐々に進行してますよ。2型糖尿病です』って言われたのさ」と明かしている。

そして医師から、高校時代の体重に戻すようにアドバイスされたものの、トムはその頃の痩せた体格に戻ることは難しいため、これからは糖尿病と共に生きていくと自分を納得させたそうだ。「食事によって症状をコントロールできるんだ。医者は『高校時代の体重になれるなら、完全に健康体で、2型糖尿病でもなくなりますよ』って言ってたけど、それに対しては『そんなことなら、このままでいきます』って返したさ」。

そんなトムだけではなく、パティ・ラベル、ドリュー・キャリー、シェリー・シェパード、ポーラ・ディーンなどのセレブも糖尿病と診断されている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top