人気陶芸作家 鹿児島 睦の図案展が北青山ドワネルにて開催

最新ニュース

MAKOTO KAGOSHIMA EXHIBITION 2013鹿児島 睦の図案展
  • MAKOTO KAGOSHIMA EXHIBITION 2013鹿児島 睦の図案展
北欧を中心としたヨーロッパの様々な雑貨を扱う株式会社ビオトープは、陶器やファブリック、版画などの制作を中心に活動し、近年ますます人気を博している作家、鹿児島睦(かごしま まこと)の展覧会を北青山の「doinel(ドワネル)」にて10月12日(土)~27日(日)まで開催となる。

鹿児島 睦は、福岡を拠点にて陶器やファブリック、版画などを中心に製作活動をしている。動物のオブジェや愛らしいイラストの絵皿、パンジー、バラ、ナデシコといった身近な植物を木版でプリントしたハンカチなど、色、形、手触り、温度感、図案など、素朴で温もりを感じさせる作風で、日本のみならず世界中にファンが広がっている。

今回の展覧会のテーマは、“図案” だ。彼が描き出すのは、作品としてコレクションするのではなく、道具として愛着を持ち、日常を楽しんでもらうためのデザインとしての図案。京都・西陣の唐紙工房「かみ添」とのコラボレーションによる作品や、木版プリントのハンカチの原版、会場に描かれる壁画など、素材や手法によってさまざまな表情をみせる鹿児島睦の “図案” を一同に展示する。

会場に一歩足を踏み入れれば、素材や用途に限定されない、また和とも洋とも表現しがたい鹿児島睦独自の画力から生まれる、世界観に浸れる本展。また展示品に加え、今回のために制作した、ハンドメイドのアイテムを10月26日(土)、27日(日)の 2日間のみ販売する。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top