『サニー』『アジョシ』に最新作も! 「K-Movieフェスティバル」開催

韓流・華流

『ワンドゥギ』 -(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED/「K-Movieフェスティバル」ポスター
  • 『ワンドゥギ』 -(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED/「K-Movieフェスティバル」ポスター
  • 『アジョシ』 -(C) CJ ENTERTAINMENT INC. & UNITED PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『サニー 永遠の仲間たち』-(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ワンドゥギ』 -(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
  • 「K-Movieフェスティバル」ポスター
  • 『殺人漫画』-(C)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
  • 『殺人漫画』-(C)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
日本中を席巻したスパイアクション映画『シュリ』の公開から13年。そしてドラマ「冬のソナタ」日本初放送から10年にあたり、“韓流10周年”の記念すべき年と言われている今年、10月12日(土)~11月8日(金)まで“韓国映画のいま”をテーマに、韓国映画の“系譜と今”そして“未来”を体感できる珠玉のラインナップで贈る「K-Movieフェスティバル」が開催される。

「K-Movieフェスティバル」では、ペ・ヨンジュン主演『スキャンダル』('03)、ウォンビン主演『アジョシ』('10)、さらに『サニー 永遠の仲間たち』('11)など日本にムーブメントを起こした作品や、パク・チャヌク監督による“復讐3部作”の第1章『復讐者に憐れみを』('02)といった映画ファン垂涎の旧作から、スペシャルプログラムの『殺人漫画』、『サニー』のミン・ヒョリン主演のコメディ『ミリオネア・オン・ザ・ラン』といった注目の新作まで12作品がラインナップ。

今回の上映作の1つ、『ワンドゥギ』('11)で『チェイサー』『10人の泥棒たち』のキム・ユンソクとの共演が話題となり、現在、韓国で大ヒット公開中の『カンチョリ』(原題)に主演するユ・アインは、「K-Movieフェスティバルで『ワンドゥギ』を通じて、またお会いできてとても嬉しいです。楽しんでください! そして、これからも韓国映画をたくさん愛してください!」と、アピール。

また、映画公開後、法律さえも変わった社会派問題作『トガニ 幼き瞳の告発』('11)のファン・ドンヒョク監督は、「今回、こうして再び『トガニ』が上映される機会に恵まれ、とても嬉しく思っています。観客のみなさんにもお礼申し上げます! みなさんの心の奥に残る映画であってほしいと思っています」と、コメントを寄せた。

「K-Movieフェスティバル」は10月12日(土)よりシネマート六本木、新宿、心斎橋にて開催中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top