オーランド・ブルーム、新作でヌードを披露!?

最新ニュース

オーランド・ブルーム-(C) Getty Images
  • オーランド・ブルーム-(C) Getty Images
  • オーランド・ブルーム
  • オーランド・ブルーム-(C) Getty Images
オーランド・ブルームが新作『Zulu』(原題)で全裸になったようだ。同フランス製クライム作品で完全に裸になったというオーランドは、撮影の合間に靴下1枚だけで股間を隠していたと明かしている。

テレビ番組「ウォッチ・ホワット・ハップンズ・ライブ」に出演し、女性ファンから劇中で全裸を曝すことを考えたことはあるかと尋ねられたオーランドは、「いいタイミングで質問してくれたね。今年の初めに撮影セットでヌードだったから、たった1枚の靴下であそこを隠して7日間くらい過ごしていたことがあるんだ!『Zulu』っていう映画だよ。僕とフォレスト・ウィテカーが出演してるんだ。それにジェローム・サルっていう素晴らしいフランス人監督が手がけているんだ。カンヌ映画祭でプレミアをやったよ。オーランド・ブルームの全てを見ることができる作品さ」と返答している。 

さらにオーランドは、ハリウッド・ヒルズにあるオーランドの自宅を含めた複数のセレブたちの家が10代の強盗集団によって標的にされた事件をテーマにした、12月14日(土)に日本公開予定のソフィア・コッポラ監督最新作『ブリングリング』を鑑賞したかとも質問されている。最近450万ドル(約4億4,500万円)で売りに出したそのオーランドの自宅は、2009年2月に強盗被害に遭っていて、4人の泥棒により50万ドル(約4,700万円)相当の私物が盗まれた。

ミランダ・カーを妻に持つオーランドはその事件が未だに尾を引いていることから、まだ『ブリングリング』は観ていないそうだ。オーランドは番組司会者のアンディー・コーヘンに「アメリカでは、誰かの家に強盗に入ることがある種、持ち上げられる風潮があるのがけっこう悲しいことだと強く感じるね。本当にバカバカしいよ。でも一方で興味深く、素晴らしいストーリーであることも事実さ。その映画はまだ見てないけどね。まだ心がちょっと揺れてる段階だからさ。僕の純粋な心まで奪われてしまった感じなんだよ。決してあって欲しくはないひどいことさ」「でも将来的には見ると思うよ。ソフィア・コッポラは素晴らしい監督だからね。彼女はストーリーに鼻が利くのさ」と話している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top