【特別映像】ベネディクト・カンバーバッチ、大ブレイク前の未公開作日本公開へ

最新ニュース

『僕が星になるまえに』 -(C)CINEMA ONE SPV4 LTD MMX ALL RIGHTS RESERVED
  • 『僕が星になるまえに』 -(C)CINEMA ONE SPV4 LTD MMX ALL RIGHTS RESERVED
  • 『僕が星になるまえに』 -(C)CINEMA ONE SPV4 LTD MMX ALL RIGHTS RESERVED
この夏の超大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でカリスマ的な存在感を放ち、話題を独占したベネディクト・カンバーバッチ。そんな彼が3年前に初主演した『僕が星になるまえに』の日本公開が決定。母国イギリスを始め世界各国で上映され、高い評価を得ながらも、日本では未公開だった本作が待望のお披露目となる。

本作は、末期がんのため死期の迫った青年とその親友たちの、男同士の友情と生きることの意味を描いた感動のロードムービー。いま、世界中で最も注目を浴び、“英国の至宝”とまで呼ばれるベネディクトが、TV シリーズ「SHERLOCK/シャーロック」のシャーロック・ホームズ役で世界的に大ブレイクする直前に出演した、初主演作だ。

29歳の誕生日を迎えたばかりのジェームズ(ベネディクト)。 しかし、末期ガンに冒された彼に、残された時間は多くなかった。ジェームズは、3人の親友、デイヴィー、ビル、マイルズを誘って“世界で一番好きな場所”、ウェールズ地方のバラファンドル湾へキャンプ旅行に出かける。体力が衰えつつあるジェームズをカートに乗せ、男だけの気ままな旅は思わぬトラブルとケンカの連続。やがて、それぞれが抱える葛藤や本音がさらけ出されていく…。

今回届いたのは、ベネディクト扮するジェームズが家族と別れを告げ、3人の親友と旅に出る映像だ。闘病中、少しつらそうな表情を見せるジェームズだが、いざ旅に出るとなると友人たちと騒ぐ姿がビデオカメラに収められている。



本作の“過酷な運命に立ち向かう末期がんの青年”という難役で圧倒的な演技力を見せつけ、その後『戦火の馬』『裏切りのサーカス』と現在の大活躍への足がかりをつくった“俳優”ベネディクトの原点を、再認識させてくれる1本となりそうだ。

『僕が星になるまえに』は10月26日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top