グウィネス・パルトロウ、二日酔いの解消にはチーズバーガー!

最新ニュース

グウィネス・パルトロウ-(C) Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C) Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ
  • グウィネス・パルトロウ-(C) Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C) Getty Images
グウィネス・パルトロウは二日酔いの解消にチーズバーガーが効くと信じているそうだ。普段は二日酔い解消のために特別な組み合わせのビタミン剤を飲むというグウィネスだが、もし飲むのを忘れた場合にはその「脂っこい」食べ物で気分を良くしようとするようだ。

グウィネスは「いくつか解消法があるの。出かける前にちゃんと覚えていたら、マーシーっていうお酒を飲む前に服用するビタミン剤を飲むわ。それを飲んでおくと二日酔いがかなり抑えられるのよ。でももしそれを忘れちゃったら、チーズバーガーにポテトみたいな脂っこいもので済ますわね」。

そんな意外な解消法を明らかにしたグウィネスは、若い頃にキアヌ・リーヴスの大ファンだったとも告白している。トーク番組「ハロー・ロス」に出演したグウィネスは「15歳くらいの頃だったかしら、私はどうしようもないくらいキアヌ・リーヴスに恋してたの。もちろん彼はいまでも素敵だけど、私が15の頃、女優でもある私の母がテレビ番組に出演していて、そのときの担当のメイクさんがキアヌ・リーヴスと付き合っていたの。それで私はサイン入りポラロイドをもらって、机のコルクボードに何年も貼っていたわ」とエピソードを明かした。

夫のクリス・マーティンとの間にアップルとモーゼスの2児を持つ41歳のグウィネスは、最近では夢中になるスターはほとんどいないそうだが、子どもたちのスターとなるとまた別だそうだ。「私はすっかり年を取っちゃったわ…オプラ(・ウィンフリー)に会ったって『元気?』って感じだもの…でもアップルかモーゼスが大好きな人に会うと、私まですっかり興奮しちゃうの。飛行機でデミ・ロヴァートを呼び止めて『一緒に写真撮ってもらえますか?』って聞いちゃったくらいよ」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top