【東京国際映画祭】ロバート・デ・ニーロ、夫人と共に来場!「若い人が多くて嬉しいね」

最新ニュース

ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • ロバート・デ・ニーロ/『マラヴィータ』舞台挨拶 in 第26回東京国際映画祭
  • 『マラヴィータ』 - (C)EUROPACORP- TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde
ロバート・デ・ニーロが主演映画『マラヴィータ』を携えて約6年ぶりに来日。10月22日(火)に第26回東京国際映画祭において行われたプレミアイベントに出席した。

監督をリュック・ベッソン、製作総指揮をデ・ニーロと数々の名作を作ってきた“盟友”マーティン・スコセッシが務めた本作で、デ・ニーロが演じるのは一家の父親で元マフィアの男。家族ともどもFBIの承認保護プログラムにより保護され、世界中を転々としてきたが、彼に恨みを持つマフィアが殺し屋を続々と派遣し…。

この日の会場にはグリーンカーペットが敷かれ、その周囲には400名もの観客が陣取った。デ・ニーロは夫人と共に来場。車から降り立ち、姿を現すと会場は歓声に包まれ、デ・ニーロは笑顔で応え、夫人を伴って元気な足取りでカーペットを歩いた。

壇上へと上がったデ・ニーロは「また日本に来られて素晴らしいよ」と満面の笑み。スコセッシ監督との仕事について「いつも楽しいし今回も楽しかった。実はまた新しい企画もあるんだ」と明かした。

同じくベテラン俳優のトミー・リー・ジョーンズとは以外にもこの年になって初共演。「ベテラン同士だったから楽だったし、脚本のセリフも素晴らしくよくかけていたから本当に楽しかったよ。楽しい映画だから、作る側も楽しく――“EASY HARD WORK(楽しくハードな仕事)”だったね」と振り返った。

この8月で70才を迎えたが、この日の会場には多くの若いファンの姿が。これにはデ・ニーロも大喜び。「若い人がこんなに来てくれるのは嬉しいことだし、何より日本のファンはみんな行儀がいいね」と最後までご機嫌で会場を後にした。

『マラヴィータ』は11月15日(金)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top