伊勢丹が装苑とクラウドファウンディングを開始

最新ニュース

伊勢丹が装苑とクラウドファウンディング「TOKYO DESIGN COMMIT」開始
  • 伊勢丹が装苑とクラウドファウンディング「TOKYO DESIGN COMMIT」開始
  • 伊勢丹が装苑とクラウドファウンディングを開始
  • 伊勢丹が装苑とクラウドファウンディング「TOKYO DESIGN COMMIT」開始
三越伊勢丹ホールディングスは文化出版局が刊行している雑誌『装苑』とクラウドファンディング「トーキョーデザインコミット(TOKYO DESIGN COMMIT)」を28日よりスタートする。

今回のプロジェクトは「TOKYO解放区」などを始め、日本のファッションシーンにおいて次世代デザイナーの育成を積極的に展開してきた伊勢丹新宿店と、日本での新人デザイナー登竜門的位置付けの服飾コンテスト「装苑賞」を運営する雑誌『装苑』が、店頭、誌面を連動した新たな支援をインターネット上で具現化する。

具体的にはワンモア社が運営するモール型クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」上に専用サイトを設け、伊勢丹と装苑が共同で選定したデザイナー、クリエーターのプロジェクトを紹介し、プロジェクトに共感する出資者を募集し、出資金額が目標に達した場合、出資した金額に応じたスペシャルなリワード(商品やサービスなどのリターンアイテム)が届く仕組み。

28日にスタートする初回の支援プロジェクトは二つ。最初のプロジェクトは「ユキヒーロープロレス」のデザイナー、手嶋幸弘による「本物のヒーローのコスチュームを作ろう!」で、東北の子供たちと一緒にテキスタイル作りからコスチュームデザインまでを行い、「本物のプロレスラーがリングで着用し、その勇姿を子供たちに見せたい」というプロジェクト。

もう一つは、文化服装学院出身の2人のデザイナー、後藤彩、八幡夏樹が立ち上げたレディスブランド「アーチェロ」のファンイベント「アーチェロ館」。コレクションを見る、着るだけでなく、洋服の世界観を体感するというプロジェクト。

第2弾は11月28日からデザイナーの山縣良和氏が推薦するニュークリエーター 柳亜里のプロジェクトを紹介する予定。
《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top