「めざましライブ」初の全国ツアーが大盛況で終了

最新ニュース


 放送20周年を迎えたフジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』(毎週月曜~金曜5:25~)がプロデュースするライブイベント『めざまし LIVE ISLAND TOUR 2013 supported by コカ・コーラ』を9月10日の福島・郡山市を皮切りに、全国10都市(札幌、仙台、郡山、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、宜野湾、沖縄)で開催。26日、27日に日本武道館で行われたファイナル公演を無事に終え、全公演が大盛況のうちに幕を閉じた。

 このイベントには、『めざましテレビ』、『めざましどようび』、『めざにゅ〜』のテーマソングを手がけたアーティストをはじめ、のべ48組もの「めざまし」ゆかりのアーティストが出演。武道館初日の26日は、「私もハタチで『めざましテレビ』と同い年!」と言うきゃりーぱみゅぱみゅが最初に登場し、「ファッションモンスター」など、全6曲を披露し、『めざましテレビ』内でも数多く取り上げた数々の衣装から「歴代の衣装お気に入りTOP3」を選んでもらい、まさに“ファッションモンスター”ぶりを発揮。続いて10月から『めざましどようび』のテーマソングを担当しているゴールデンボンバー。「あの素晴らしい朝をもう一度」(2013年10月から『めざましどようび』テーマソング)など全5曲を披露し、前代未聞の大人数相手に“めざましじゃんけん”を慣行。そして、森高千里が“ミニスカ”で登場し、1996年の『めざましテレビ』のテーマソング「ララサンシャイン」ほか全6曲を熱唱し、楽曲制作秘話などを話した。そして、初日のトリとして登場したゆずは、会場が一体になっての「栄光の架橋」大合唱するなど圧巻のパフォーマンスを披露。ほか「陽はまた昇る」(2005年10~12月『めざましどようび』テーマソング)など全6曲を熱唱した。フィナーレでは、出演アーティストとめざましファミリーがステージ上に集合し、2011年の「お台場合衆国」のテーマ曲「LOVE&PEACH」をPOPな振り付けとともに大合唱。最高の盛り上がりで初日の幕を閉じた。

 そして、ツアー最終日となる翌27日。トップバッターのmiwaが、「ふたりのサタディ」(2011年10月~2012年3月『めざましどようび』テーマソング)など全5曲を披露。続いて「お台場合衆国」での「めざましライブ」に6年連続“皆勤賞”出演のJUJUが、圧倒的な歌唱力で新曲「守ってあげたい」、「奇跡を望むなら…」など全5曲を披露。パフォーマンス後には2007年6月放送の「広人苑」コーナーでJUJUにインタビューした中野美奈子が登場。当時、最後まで「奇跡を望むなら…」を「奇跡を信じて」と誤ってインタビューし続けていたことをJUJUに暴露される一幕も。続いてflumpoolが登場し、2012年4~9月の『めざましどようび』のテーマソング「君をつれて」など全5曲を演奏。『めざましどようび』のMC・皆藤愛子も駆けつけ、前日に引き続き「めざましじゃんけん」を実施し、「格式ある武道館でこんなに大勢の人とじゃんけんが出来て光栄です!」と会場を盛り上げた。

 そして、ついに「めざまし LIVE ISLAND TOUR 2013」の大トリとなる小田和正が登場すると、会場の盛り上がりは最高潮に。「ラブストーリーは突然に」では恒例の“花道全力疾走”し、武道館のステージを所狭しと駆け回る。また、大塚範一キャスターから「今日は行けませんが応援しています」というメールが届いたことを話し、「いつか大塚さんと楽しい日を過ごせるのを待っています」と大塚キャスターへエールを送った。「言葉にできない」の演奏後には会場からの拍手が鳴り止まず、中には感極まって涙する人も…。そして、2011年の東日本大震災を受けて何かしなくては、という気持ちで完成したという「その日が来るまで」で全6曲の演奏を終えた。

 大フィナーレは、2008年の『めざましテレビ』のテーマソング「今日も どこかで」を出演者全員で大合唱。演奏を任されてとても緊張したというflumpoolは「最後に小田さんの歌をみんなで歌えてほっとしました」と語り、小田和正は「結構アウェイな空気かな、と思ったのですが(笑)、会場のみなさんが暖かく感動しました」と締めくくった。

 約1ヶ月半に渡る全国ツアーには、全19公演で45,000人を動員。テレビ番組が企画したライブイベントとしては過去最大級のものとなった。この様子は29日(火)、30日(水)の『めざましテレビ』で放送される予定。

■『めざましテレビ』
毎週月曜5:25~(フジテレビ)


「めざましライブ」初の全国ツアーが大盛況で終了!

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top