竹野内豊、松ケンは「目で全てを語ることがでる役者!」とべた褒め「オリンピックの身代金」制作会見

最新ニュース

竹野内豊、松ケンは「目で全てを語ることがでる役者!」とべた褒め!豪華過ぎるキャストが大集結した『オリンピックの身代金』制作会見
  • 竹野内豊、松ケンは「目で全てを語ることがでる役者!」とべた褒め!豪華過ぎるキャストが大集結した『オリンピックの身代金』制作会見

 奥田英朗のエンターテイメント小説『オリンピックの身代金』。1964年の東京オリンピックを舞台にした傑作サスペンスが竹野内豊主演で初の映像化! テレビ朝日開局55周年記念を記念して11月30日(土)、12月1日(日)と二夜連続ドラマスペシャルで放送されることが決定し、31日(木)に六本木・テレビ朝日にて制作発表記者会見が行われ、主演の竹野内豊、松山ケンイチ、黒木メイサといった主要キャストに加え、沢村一樹、速水もこみち、原沙知絵、泉谷しげる、榎本明、大杉漣、黒川智花、斎藤工、笹野高史とといった豪華キャストが集結!

 この作品は、昭和39年の『東京オリンピック』開催を目前に控え、熱狂に包まれる東京で、警察幹部宅や外務省などを狙った事件が発生し、一通の脅迫状が警視庁に届くところから始まる。一体誰が、何のために…!? 敗戦国から一等国に駆け上がろうとする国家の名誉、警察の威信をかけた極秘大捜査の末に浮かび上がったのは、名もなき一人の学生だった……。

 記者会見では、主役であり、物語の語り手でもある、事件の真相を追い求めていく刑事・落合昌夫役の竹野内が、「50年前のオリンピックを題材とした作品でしたので、台本を読んだときは、当時の風景をどういう風に再現できるのかなと、最初は不安などもあった」と明かすも、「名古屋、北九州、韓国をはじめ、各地でロケを行いまして、監督はじめ、キャスト、スタッフも力を合わせて、非常にスケールの大きなドラマに仕上がっていますので、楽しみにしてくだい」と挨拶。その落合刑事に追われる東京大学の貧しき大学院生・島崎国男役の松山も、「台本を読んだ時は、素晴らしい作品で心が震えた」と竹野内に共感を示し、そして特に、「キャストの豪華さは印象的でした。どのシーンでも主役級のキャストがいる。こんなの今まで見たこともないですし、自分もこの中に入れたことは幸せです」と喜びを語っていた。そして、その落合の妹・落合有美役の黒木は、容疑者を追う刑事の妹でありながら、その容疑者の1人として疑いの掛かる島崎に思いを寄せるといった役どころ、それについて「凄く難しい役でしたが、精一杯やらせていただいた。子供も大人も楽しんでもらえる作品だと思うので、ぜひご覧下さい」とアピールした。

 そして、撮影現場での様子について、竹野内は、「こういう題材ですが、オフの時は、早口言葉を競いあったり、みんな大丈夫かな? って思うほどガキのようでした」と舞台裏の様子を披露、中でも早口言葉が一番上手かったのは、沢村一樹だったらしく、沢村本人は「現場にはR指定が無かったので、僕と大杉漣さんがいたのが悲劇のはじまり……(笑)、楽しい現場でした!」とその内容については、オブラートに隠すもニヤリと笑顔を見せ、松山は、「いろんなシーンでいろんな方とご一緒させていただきましたが、中でも泉谷さんとの出会いは衝撃的だった!」と。その泉谷から「オレと笹野さんの話が面白すぎて、松山が入って来れなかった」と話し、現場では今の映画料金についての話で盛り上がり、若者は低価格でみたいらしいという情報に対して、泉谷は「この作品が映画だったら、2000円で見て欲しいな」とコメント。松山も、「この作品が映画になったらそうですね!」と同意するも、司会から「今回はテレビで見ていただきましょう」とフォローされる場面も……。また、本作は昭和の人、街を再現しようと細部にまでこだわっており、衣装について黒木は、「最初は、昭和30年代の雰囲気を出す衣装をいろいろ着てみたのですが、すごくオシャレで、そのまま着てしまうと今の時代をそんなに変わらなかったりしまして……」と試行錯誤して衣装を選んだというエピソードも披露していた。

 さらに、竹野内、松山、黒木の共演は今回が初。それぞれの印象について、竹野内は、「松山さんは、目で全てを語ることがでる役者さんで、黒木さんは、ずごく難しい役柄だったにも関わらず、堂々としていた」と褒めると、「松山は、こういった空気感が出せるのは竹野内さん以外にいない、またご一緒させていただきい」とコメント。そして黒木は、竹野内に対し、「自分が女姉妹なので、こういうお兄さんが欲しい!」。松山に対しては、「昔CMで一瞬、お会いしたことがあって、初めましてではなかったので、それが救いとなり、現場では居心地の良い環境にしてくれる方だなと思いました」と語った。

 そして、今作の制作を記念して最後の映画看板師としてしられる久保板観が、この作品の看板を制作。1ヶ月半の制作期間を経て、この会見で初公開され、この看板を見て、竹野内は「当時の銀幕スターみたいですね。憧れでしたから嬉しいです!」と喜び、松山からは、「素晴らしい! やっぱり、今回(この作品は)映画にした方がいいじゃないですか!」と会場の笑いを誘い、会見は終了となった。

 豪華過ぎるこの作品。気になるあらすじは……昭和39年夏。東京オリンピック開催を間近に控えた東京で、2件の火事が連続発生した。火事が起こったのは東京オリンピック警備の最高責任者である幕僚長・須賀修一郎の私邸、そして中野の警察学校。だが、両火事は発生するやいなや、なぜか箝口令が敷かれる。警視庁捜査一課の刑事・落合昌夫(竹野内 豊)がその事実を知ったのも、偶然噂を耳にした同僚刑事・岩村傑の口からだった。記者のみならず、なぜ捜査一課にさえも情報を伏せるのか…。落合は訝しがる。

 そんな中、中野警察学校の火事から数日後、事態は急展開を迎える。落合が所属する捜査一課五係の面々が、極秘で集められたのだ。そこで捜査一課長・玉利と捜査一課長代理・田中から発表されたのは、須賀幕僚長の私邸爆破の前々日、警視総監宛てに送られてきた切り抜き文字の脅迫状の存在だった。「小生 東京オリンピックの開催を妨害します 近日中にそれが可能な事を証明します 全ての日本国民に対して誠実なる対応を求めます」。実は、脅迫状は中野警察学校の火事の前にも、届いていたという。我が国にとって最も重要な東京オリンピック開催に、いささかたりとも不安を抱かせるようなことがあってはならない。玉利の命を受け、落合らは公安の指揮のもと、極秘捜査へと乗り出すことになった……。

 また、テレビドガッチでは、竹野内豊さんにインタビューを行っており、「インタビュー」コーナーにて近日公開予定! こちらもお楽しみに!

 ■テレビ朝日開局55周年記念二夜連続ドラマスペシャル『オリンピックの身代金』
2013年11月30日(土)、12月1日(日)21時から二夜連続で放送!(テレビ朝日系)

【登場人物】
落合昌夫(おちあい・まさお) … 竹野内 豊(たけのうち・ゆたか)
島崎国男(しまざき・くにお) … 松山ケンイチ(まつやま・けんいち)
落合 有美(おちあい・ゆみ)… 黒木 メイサ ほか


関連リンク

■竹野内豊vs松山ケンイチ、直木賞作家・奥田英朗が圧倒的スケールで描く『オリンピックの身代金』超豪華出演者を迎え、二夜連続で待望の初ドラマ化!

竹野内豊、松ケンは「目で全てを語ることがでる役者!」とべた褒め!豪華過ぎるキャストが大集結した『オリンピックの身代金』制作会見

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top