有村架純、新作の役どころは「自分が一番可愛いと思っている、ズル賢い女の子」

最新ニュース

有村架純&瀬戸康史&佐藤二朗/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純&瀬戸康史&佐藤二朗/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純&瀬戸康史/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純&瀬戸康史/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 瀬戸康史/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純&瀬戸康史&佐藤二朗&古波津陽(監督)/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純&瀬戸康史&佐藤二朗&古波津陽(監督)/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
  • 有村架純&瀬戸康史&佐藤二朗&古波津陽(監督)/『JUDGE/ジャッジ』ハロウィンプレミア
女優の有村架純が10月31日(木)、都内で行われた出演作『JUDGE/ジャッジ』のハロウィンプレミアに出席した。罪人7人が命をかけて繰り広げる密室サバイバルを描いた本作で、有村さんは「自分が一番可愛いと思っている、とってもズル賢い女の子」だと役柄を説明していた。

プレミアには有村さんを始め、主演の瀬戸康史、佐藤二朗、古波津陽監督が登壇。有村さんはブログ炎上を機にファンに暴言を吐いてしまった“傲慢”な元モデル、瀬戸さんは“憤怒”から傷害事件を起こしてしまった元警備員、佐藤さんが自己啓発セミナーを通して、若者たちから莫大な金を吸い上げた“強欲”な実業家…といった具合にそれぞれ大罪を背負っている。そんな彼らが何者かによって、密室で行われる死の裁判ゲームに強制参加させられるのだ

瀬戸さんは「怒りと一言では表現しきれない、細かな違いを演じたつもり」と役づくりについてコメント。劇中では7人の男女が疑心暗鬼に陥るが、「現場のチームワークはめちゃくちゃ良かったです。カメラワークひとつ取っても、非常に計算されているし、全員が一丸となって作品を完成させることができた」と達成感を示した。

密室に仕掛けられた監視カメラが、そのまま観客の視点となるユニークな演出がなされており「生中継を見ているような緊張感と臨場感を味わってもらえれば」(有村さん)。佐藤さんも「ずっと同じシチュエーションに閉じ込められていたから、すごーく密な時間を過ごした」と特殊な撮影現場をふり返った。

ちなみに、キャスト3人が抱える“大罪”は? 瀬戸さんは「大阪でライヴをやったとき、オオカミのマスクをかぶってグッズ売り場の近くをウロウロしていたが、まったく気づかれなかった。“オーラ無し”罪です」と苦笑い。

一方、有村さんは「物忘れが激しくて…。現場に私物を置き忘れてしまって、そのたびにマネージャーさんに迷惑をかけている」と平謝り。佐藤さんは「飲みすぎ」とストレートな一言!

そんな中、古波津監督は「密室系はやり尽くされたジャンルなので、どれだけ新しいことができるかが課題だった」と語り、「現場の準備ができれば、あとは俳優のみなさんを追いつめるだけ(笑)。気づかうフリをして、どれだけウンザリさせるか考えていた」とぶっちゃけ、一番の“罪人”ぶりを発揮していた。

『JUDGE/ジャッジ』は11月8日(金)から全国で公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top