シュワちゃん、スタローンと対決したら「オレが勝っちゃうよ」

最新ニュース

「I'll be back!!」アーノルド・シュワルツェネッガー/『大脱出』ジャパン・プレミア
  • 「I'll be back!!」アーノルド・シュワルツェネッガー/『大脱出』ジャパン・プレミア
  • 「I'll be back!!」アーノルド・シュワルツェネッガー/『大脱出』ジャパン・プレミア
  • 「I'll be back!!」アーノルド・シュワルツェネッガー/『大脱出』ジャパン・プレミア
  • 「I'll be back!!」アーノルド・シュワルツェネッガー/『大脱出』ジャパン・プレミア
  • 「I'll be back!!」アーノルド・シュワルツェネッガー/『大脱出』ジャパン・プレミア
映画『大脱出』に出演するアーノルド・シュワルツェネッガーが来日。12月3日(火)に都内で行われたジャパン・プレミアに出席した。

シルベスター・スタローンとシュワルツェネッガーというハリウッドが誇る“肉体派”俳優が共演する本作。罠にハメられ、脱出不可能と言われる監獄に入れられた主人公が知略と肉体を駆使して脱獄を試みる。シュワルツェネッガーはスタローン演じる主人公に接触を図る、囚人たちの間でカリスマ的な支持を集める囚人を演じているが、彼が主人公の敵となるのか、味方かは不明。

ファンと笑顔でハイタッチを交わしてシュワルツェネッガーは壇上へ。「日本のずっと変わらず応援し続けてくれるファンは大好きです。僕は40年来、日本に来てて70年代はボディビルやフィットネスのプロモーションで来たんだ。その後『コナン・ザ・グレート』や『ターミネーター』、『コマンドー』にコメディの『ツインズ』、それから『キンダガートン・コップ』もあったね。カリフォルニア知事の時代には日本で貿易の交渉をしたよ」と懐かしむように語る。

スタローンと揃っての来日とはならなかったが、「全ては彼のおかげ。彼がアイディアを出して、『キミも出ろよ』と言ってくれたんだ」と感謝の思いを口にする。

スタローンから直接、シュワルツェネッガーに電話がかかって来たそうで「突然『おい、脚本が見つかったぞ』と言い出すから、『どこがいいんだ?』って聞いたら、『ついにオレとお前がスクリーンで対決できるんだ』と言うんだ。『対決だって? オレが勝っちゃうぞ』と言ったら、彼も『そういうけど、実際はオレが勝つよ』と言う。そこでじゃあやってみようと2人で出ることにしたんだ」と2人が出演することになった経緯について語った。

改めてスタローンについて「昔はライバルだったけど、いまはよき友人だよ。今後も一緒に作り続けるし、『エクスペンダブルズ』の最新作はもう撮ったよ」と明かした。

州知事を退任し、俳優に復帰したが、今後まだまだ俳優を続けていくか? という問いには「I will.(やるつもりだよ)」とニッコリ。「この年になると、いつも『いつ引退するのか?』って聞かれるけどイヤな質問だね。演じるのが大好きなんだ。エコやクリーンエネルギーの活動にも力を入れてるし、ボディビルの普及活動も大好き。そういう全てをやり続けて、倒れて死ぬまでやるから、絶対引退なんてしないよ」と生涯現役を誓う。

最後は「I'll be back!!」と『ターミネーター2』の決めゼリフでファンを熱狂させた。

『大脱出』は2014年1月10日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top