操縦不能の旅客機に現れたもう一人のパイロットとは…?「世界の衝撃ストーリー」

最新ニュース


 私たちが暮らしている現代社会は常に危険と隣り合わせの状況。ある日突然、想像を絶する事態に直面するかもしれない。その時、我々はその後の人生を左右する決断を下さなければならないが、その先にあるのは、悲劇か? それとも奇跡か? 12月4日(水)にテレビ東京系で放送される『世界の衝撃ストーリー』は、実際に世界で起きた衝撃のストーリーを紹介する。

 1989年。ユナイテッド航空232便は、乗員乗客296名を乗せアイオワ州上空を飛行していた。すると突然3基のエンジンのうちの1基にトラブルが発生。さらにバランスを保つために使う翼面が機能しなくなり、残りの2つのエンジンだけで操縦しなければならない危機的状況に陥った。このままでは墜落してしまう。しかしその時……!?

 時は変わって、1992年。ジムとその妻ジェニファーは生後4か月の赤ん坊を連れ、車で実家の葬儀に向かっていた。しかし道中、積雪のため立ち往生してしまう。助けを待つ3人だが数日が過ぎても救助が来ない……。気温は氷点下、食料はなく喉が乾いたら雪をかじって生き延びていた。過酷な状況の中、夫は妻と赤ん坊を守るためある決断を下す。

 一方、アメリカ・アーカンソー州で暮らすシェイ一家は引っ越し先を探していた。すると1700年代に建てられた古い家を見つけ引っ越しを決めた。しかし、やがて一家は不気味な声を耳にするようになる。連日続く奇妙な現象に不安を感じた母は図書館で怪奇現象について調べることに。過去にこの家で何があったというのか……。

■『世界の衝撃ストーリー』
2013年12月4日(水)20:00~22:48(テレビ東京系)

【ナビゲーター】椎名桔平


航空パニック!操縦不能の旅客機に現れたもう一人のパイロットとは…?『世界の衝撃ストーリー』

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top