TBSドラマ『とんび』が「アジア・テレビジョン賞」のドラマ部門・最優秀作品賞を受賞!

最新ニュース


 2013年1月期に放送された日曜劇場『とんび』(TBS系)が、12月5日にシンガポールで開催された「アジア・テレビジョン賞」で、ドラマ部門の最優秀作品賞を受賞したことが発表された。

 「アジア・テレビジョン賞」とは、シンガポールと国際メディア情報誌「TV ASIA」などが共催しており、1996年にアジア地域の番組及び制作における最優秀作品を決める目的で始まったテレビ祭。アジアの放送局が参加対象で、ドキュメンタリー、ドラマ、アニメーションなど30以上の部門で、それぞれ「最優秀作品賞」と「奨励賞」が授与される。
 TBSは、2010年に『JIN-仁-』がドラマ部門奨励賞、2011年には『報道の魂』がドキュメンタリー部門の最優秀作品賞、そして2012年は『炎の体育会TV』が一般エンターテインメント部門で最優秀作品賞に選ばれている。

 今年で18回目を迎える同賞は、12か国から38部門に238作品がノミネートされた。『とんび』の石丸彰彦プロデューサーは、「不器用な父親が息子を愛し続けた30年の物語という、シンプルな中で描かれた普遍的な愛が、世界にも共通することだと受けとめて頂き、大変嬉しく思います。全てのスタッフ・キャストにも感謝したいです」と受賞の喜びを語っている。

 本ドラマは、直木賞作家・重松清のベストセラー作品が原作の、妻を失い男手一つで息子を育てた父親と、その息子の30年を描いた物語。主人公で不器用な父親・ヤスを内野聖陽が、ヤスの息子・アキラを佐藤健が、そして亡くなった妻・美佐子を常盤貴子が演じた。作中で美佐子が語った「家族って育つんですね」という言葉が全てを物語っているように、「人は一人じゃない、家族も親から子へ、そしてその子どもへと繋がっていくのだ」という事を、改めて感じられるドラマとして、大きな話題を呼んだ。



関連リンク

テレビドガッチ『とんび』動画配信ページはこちら>
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top