【雅子BLOG】『17歳』フランソワ・オゾン監督

最新ニュース

フランソワ・オゾン監督・最新作『17歳』 -(C) MANDARIN CINEMA - MARS FILMS -FRANCE 2. CINEMA - FOZ
  • フランソワ・オゾン監督・最新作『17歳』 -(C) MANDARIN CINEMA - MARS FILMS -FRANCE 2. CINEMA - FOZ
  • 『17歳』マリーヌ・ヴァクト
今年のフランス映画祭で上映されたフランソワ・オゾン監督の『危険なプロット』が公開中。彼の作品を観られる喜びは新作がどこかで発表になる度に思うこと。いよいよ日本公開になる最新作『17歳』は今年のカンヌでコンペ作品として出品され、10月の東京国際映画祭の最終日に上映された話題作『アデル、ブルーは熱い色』(アブデラティフ・ケシシュ監督)と共にとても観たい注目作品です。その期待を裏切ることなく存分に堪能しました。公開はまだ少し先の来年2月。皆様、どうぞお楽しみに!

何不自由なく暮らす17歳のイザベルは名門校に通うリセエンヌ。夏には家族で海にヴァカンスに出かけるけれど、目下の関心は大人への入り口。彼女はインターネットで相手を見つけては不特定多数の男性との密会を重ねるようになる――。

日本でも大人気のオゾン監督の待望の最新作。彼の発想にはいつもハッとさせられる。脚本の面白さ、巧みさ、演出の妙、そしていつでも素敵な俳優たちが選ばれる。今回、主人公のイザベルを演じるのは、非常に魅力的なモデル出身のマリーヌ・ヴァクト。不機嫌そうな物憂げな雰囲気はいかにもフランス女らしい。女性誌でも取り上げられ、今後の活躍が楽しみな新人女優。また、オゾン作品の常連シャーロット・ランプリングが少しの出番ながら圧巻の存在感で唸らせ、映画に深みを与えている。

少女と大人の境は何か? それは性体験であることが大きいらしい。17歳の彼女は、大人になるための通過儀礼として不可欠と言わんばかりに。思春期特有の理由のない満たされない気持ちは、自分自身を試すように見知らぬ人とのセックスに委ねるけれど、その意味は何もない。年齢を限定するならば、17歳という曖昧で、危うくて儚くて幼くて、不遜で、瑞々しく透明感に溢れ、若く美しい年。このかけがえのない年のことは誰にも理解できないのかもしれない、もう通り過ぎてしまった大人たちには。もしくは本人さえも。生徒たちがランボーの詩を朗読するシーンがとても印象深い。17歳のイザベルの4つの季節のこと。フランソワーズ・アルディの憂いのある歌声が4つの季節にそっと寄り添う。

文字通り17歳が本作のキーワードであり、すべてを物語っている。原題は『Jeune&Jolie(若い&美しい)』。こう言い切る根拠のない傲慢さが17歳という年の最大の魅力であり、罪なんである。
《text:Masako》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top