3億円事件から45年、新証言を元に真相を紡ぐドキュメンタリードラマをフジテレビで放送!

最新ニュース


フジテレビは、2020年東京オリンピック決定を記念して、はじめて日本でオリンピックが開催された1964年からこれまでに起きた、“誰もが知っている出来事の誰も知らなかった真実”を伝えていく大型シリーズ企画「1964-2020 時代の目撃者」をスタート。その第1弾として、1968年に起きた“三億円強奪事件”の真相に迫るドキュメンタリードラマ・土曜プレミアム『独占追跡!三億円事件“最後の告白者たち”~真犯人の影・・・45年目の新証言~』を、12月21日(土)21時から放送することが決定した。

三億円事件をテーマにしたドキュメンタリードラマは、2008年に『新証言! 三億円事件 40年目の真相』が放送され、当時捜査にあたった警視庁捜査一課刑事・斉藤勲(山本耕史)からの視点で、斉藤とその上司で伝説の刑事・平塚八兵衛(中村梅雀)との捜査の過程やそれに伴う苦悩を描き、視聴率17.2%(ビデオリーサーチ調べ 関東地区)を記録するなど高い関心を集めた。そして、今回放送される『独占追跡!三億円事件“最後の告白者たち”~真犯人の影・・・45年目の新証言~』では、当時47歳で現場の最前線で捜査にあたった警視庁捜査一課主任警部・鈴木公一(現在92歳)の証言を元にした再現ドラマをベースに、この5年で得た新証言の数々を交えながら事件を紡いでいく。

事件は今から45年前の1968年12月10日午前9時15分。未明から降り始めた激しい雨の中、4人の銀行員たちが乗った一台の現金輸送車が、日本信託銀行国分寺支店から東芝府中工場へ向かう道中で起きた。工場で働く4523人分の冬のボーナス3億円、現在の貨幣価値で約20億円の現金が詰まったジュラルミンケース3つを、突如現れた白バイに乗った警官姿の男に奪われてしまう。白昼堂々と三億円もの大金をニセ警官に扮して強奪する大胆不敵な犯行に、国内にとどまらず世界中が驚がくした。

この事件で犯人が残した遺留品の数は153点。捜査員は延べ17万1805人、捜査費用は被害額の3倍にあたる約9億円が投入されたにもかかわらず、事件は未解決のまま時効を迎えている。今回、5年前の放送後も取材を継続していた制作スタッフが新たな証言者たちにたどり着く・・・。事件直後に浮かび上がり、最後まで捜査線上から消えなかった不良少年グループ“立川グループ”の元メンバーたち。重要参考人で自殺した少年の家族とも親しかった元メンバーの1人は、誰も知らなかった家族の悲劇について語り、別の元メンバーは、事件後にハワイへ移住した仲間について、初めてその詳細を語った。さらに、“立川グループ”のメンバーから兄貴分として慕われ、彼らのたまり場だったスナックのマスターを懸命な追跡取材の果てにマニラで発見。45年間秘め続けてきたという彼の口から語られた証言は驚がくの内容だった。そして、事件後、突然金持ちになった人物の居場所もついに突き止める。

主人公の警視庁捜査一課の主任警部・鈴木公一役を演じる石黒賢は、「捜査本部ではそれぞれの刑事が犯人を自分が挙げたいという意識が強いので、情報共有のさじ加減が巧妙なんですよね。統括する指揮官の目線もあると思いますが、持ち寄る情報がうまく集約できると事件の早期解決につながるはずが、情報交換に齟齬(そご)をきたしてくると迷宮入りしてしまう。初動が大事と言われていますが、“三億円事件”に関わった現場の刑事さんたちにとっては“7年”という時間は長いようで短く感じたのかなと思います。時効を迎えての“無念さ”は強く共感せざるを得ませんでした」と話し、鈴木刑事を演じることについて「事件の真相に限りなく近づいていたと思うんです。狙った獲物に向かって“絶対捕りに行くぞ”という“昭和男の熱さ”は強く意識しました」と語っている。

■2020東京決定記念 大型シリーズ企画“1964-2020 時代の目撃者”第一弾作品
土曜プレミアム『独占追跡!三億円事件“最後の告白者たち”~真犯人の影・・・45年目の新証言~』
2013年12月21日(土)21:00~23:10(フジテレビ系)

<2020東京決定記念 大型シリーズ企画“1964-2020 時代の目撃者”とは>
2020年東京オリンピック開催に向け、1964年東京五輪を起点に、それから50年間ニッポンが歩んできた時代を描き出していく。高度経済成長を迎え、目覚ましい発展を遂げている日本の中で起きた、“誰もが知っている出来事の誰も知らなかった真実”を、事件・スポーツ・政治・経済・・・さまざまなジャンルで伝えるシリーズ企画。


《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top